« 復興に託けてバラマキを始める | トップページ | 日本語の出来ぬ麻生が言う語学 »

バレねば成果論文の名義貸し

森口氏論文共同執筆の教授処分…東京医科歯科大
 iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心筋細胞を患者に移植したと虚偽発表した森口尚史氏(48)の論文を調査していた東京医科歯科大は28日、共同執筆者の佐藤千史・同大大学院保健衛生学研究科教授(63)を、停職2か月の懲戒処分(26日付)にしたと発表した。
 研究にかかわっていない論文に執筆者として名を連ね、大学の信用を失墜させたと判断した。また、森口氏が使った海外出張旅費など、不適当とした経費約130万円の返還も佐藤教授に求めた。
 同大の調査では、佐藤教授が共同執筆者になった、1996年~今年の論文23本のうち、実際に研究にかかわっていなかった論文は20本あった。
 同大によれば、佐藤教授は森口氏の大学院時代の指導教官だが、iPS細胞に関する専門知識がなく、森口氏の論文の内容を検証せずに共同執筆者になった。この点を同大は「研究者としてあるまじき行為」と批判した。大学側は、個々の論文が虚偽かどうかの判断はしていないが、論文のiPS細胞研究は学内では行われず、倫理委員会への申請もなかったとしている。(以上(2012年12月28日21時56分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121228-OYT1T01142.htm

 iPS細胞を使った手術をしたと嘘の論文を書いて世間の注目を集めた森口尚史の共著者の佐藤千史が東京医科歯科大から停職2ヶ月の処分を受けたそうだ。
 まあ、大学教授という生き物は、論文の数が成果として評価されるので、何でも共著で載せておけば、内容は我関せずで済むと考えたのであろう。論文の共著者は、その論文の内容について、筆頭著者と共に全責任を負うというのが、本来の姿だ。単に、筆頭著者が共著者の肩書きで権威付けし、共著者は内容も見ずに共著者になるという本来有ってはならないことも、大学では往々にしてあることだ。中には、自分を共著に入れないとその論文を出すことの許可を出さないという輩もいるし、自分の博士論文のために、部下に自分を筆頭著者にして論文を書けと言った私の上司もいた。
 科学の世界では、肩書きではなく研究内容で評価されるべきだが、評価する教授がこのようなことに手を染めているのが実態だ。そういう意味では、佐藤千史などは、学会追放にしても足らないぐらいだと思う。(No.3506)

|

« 復興に託けてバラマキを始める | トップページ | 日本語の出来ぬ麻生が言う語学 »

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56419070

この記事へのトラックバック一覧です: バレねば成果論文の名義貸し:

« 復興に託けてバラマキを始める | トップページ | 日本語の出来ぬ麻生が言う語学 »