« 安倍第二次内閣閣僚川柳 | トップページ | 朝鮮の書簡さっさと突き返せ »

靖国に行く暇もない安倍総理

年末年始返上で予算見直し…安倍政権本格始動
 第2次安倍内閣の発足から一夜明けた27日、安倍政権は本格始動した。
 通常なら予算編成を終えている師走の内閣発足となった中、12年度補正予算案など経済対策に、年末年始の休みなしで取り組む構えだ。
 13年度予算案編成の見直しについて、首相は麻生副総理・財務相に「『縮小均衡の分配政策』から『成長による富の創出』への転換」に取り組むようにすでに指示している。
 首相は26日深夜の初閣議で、「経済が極めて大変な状況にあるので、年末年始を返上して、とにかく早急に(12年度)補正予算案、来年度予算案を成立することができうるように全力を挙げてほしい」と指示した。
 これに関連し、麻生氏は27日未明に財務省で行った記者会見で、「概算要求すべてをやり直すということは物理的になかなかできる話ではない」としたうえで、〈1〉生活保護などの見直し〈2〉デフレ脱却に向け、民間の設備投資や雇用対策を重視〈3〉公共施設の補修や学校の耐震化などの国土強靱化――などを重点的に見直す考えを示した。(以上(2012年12月27日12時34分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121227-OYT1T00760.htm

 自民党政権になって、補正予算と来年度予算の組み替えをやることとなったそうだ。
 本来ならば、今年末までにまとめるべき内容だが、野田豚がなかなか辞めなかったので仕方あるまい。消費税増税が決まった時点で野田豚がさっさと辞めていればこのようなこともなかっただろうに、「近いうち」という感覚さえ麻痺している野田豚が民主党総理として一番長命になるために、時間が無駄に使われたといっても過言ではない。
 安倍死ん三は、朝鮮や中国に遠慮して靖国神社の初詣でもやらないらしいので、十分に時間はあるだろう。(No.3504)

|

« 安倍第二次内閣閣僚川柳 | トップページ | 朝鮮の書簡さっさと突き返せ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56405498

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国に行く暇もない安倍総理:

« 安倍第二次内閣閣僚川柳 | トップページ | 朝鮮の書簡さっさと突き返せ »