« 再稼働させたい意図が見え隠れ | トップページ | 受付のガラスとっても変わらない »

公邸が議員宿舎となる無常

去り行く首相、公邸引っ越し準備…26日が最後
 野田首相は23日、宮中行事出席のため外出した以外は首相公邸にこもり、引っ越しの準備を進めた。
 首相周辺によると、25日に荷物の運び出しを終え、自民党の安倍総裁が国会で首相に指名される26日を最後に、約1年3か月住んだ公邸を去る予定だ。
 首相は昨年10月1日から公邸に移り、仁実夫人と都内の高校に通う次男の3人で暮らしてきた。公邸を出た後は、東京・赤坂の衆院議員宿舎に住む予定だ。(以上(2012年12月24日08時28分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121223-OYT1T00565.htm

 野田豚が、公邸を安倍死ん三に明け渡すために、引っ越しの準備をしているそうだ。
 公邸を出たら、衆議院宿舎に移るらしいが、この格差こそ、如何に野田豚が悪政をした報いかと言うのが分かるだろう。しかし、庶民からすれば赤坂の議員宿舎も極楽以上のものだ。民主党は、未だに総選挙の総括も出来ていないという体たらくだ。そもそも、歩く国賊・菅直人が総理時代にやった参議院選挙の大惨敗も総括しなかったのだから、悪行三昧を検証するのが、嫌な輩の集まりとも言えるだろうし、また、二大政党制と言いながら、それが育たないのが日本ではないだろうか。
 「敗軍の将兵を語らず」とほざいて諸行無常を嘆いてみても、身から出た錆としか、国民は思っていないだろう。嘘吐きは金バッジを付ける資格など無いのだ。(No.3501-3)

|

« 再稼働させたい意図が見え隠れ | トップページ | 受付のガラスとっても変わらない »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56385495

この記事へのトラックバック一覧です: 公邸が議員宿舎となる無常:

« 再稼働させたい意図が見え隠れ | トップページ | 受付のガラスとっても変わらない »