« 天命もNOと言うてる民主党 | トップページ | 嘘吐きに審判下る民主党 »

不都合は書かぬ論文など要らぬ

独島:日本の右派に手紙と論文を送り続ける老研究者
李炳銑・釜山大学名誉教授
日本の政治家や知識人に対し、論文と客観的資料を同封して手紙を送付

「日本の自民党の安倍総裁には、手紙と論文を2回も送った」
 独島(日本名:竹島)は韓国領だと日本に訴え続けている李炳銑(イ・ビョンソン)釜山大学名誉教授(85)=写真=にとって、安倍総裁は「集中攻略」の対象だ。安倍総裁は、極右派の主要人物に挙げられる存在。安倍総裁は先月、独島の領有権を主張するために島根県が毎年2月22日に行ってきた「竹島の日」の行事を、政府の公式行事に格上げするという公約を打ち出した。
 李教授は、独島が韓国の領土だという客観的資料を含んだ自分の論文「独島の領有権問題」を、日本の知識人に送り続けている。政府の主要人物、全ての国会議員、極右派の人物、報道機関の社長・論説委員、東京・大阪・島根の知事と副知事、教育長などが対象だ。東京、大阪、島根の中学校・高校の社会科教諭も例外ではない。今年、李名誉教授はおよそ2400部の論文をこれらの人々に送付した。李名誉教授は手紙の中で、独島が韓国領であることを認める日本の学者など知識人の話や、歴史的資料などを示した上で「歴史的記録を無視して争うようなことをせず、良い関係でいられることを願う」と記した。
 費用は自費、または知人の支援で賄った。極右的発言を行った人物をメディアで知ると、各種のチャンネルを使って住所を把握し、論文や手紙を送った。李名誉教授は「論文を3200部印刷したが、残る800部は日本の衆議院・参議院選挙の後、当選した議員に送る」と語った。
 韓国と日本の古代の地名を研究してきた李名誉教授は「日本で極右派が独島の領有権問題をめぐり、でたらめな主張をして騒ぐため『このまま黙ってはいられない』という思いを抱き、論文の送付を始めた」と語った。
 李名誉教授は今後、日本全国の地方議会の議員約3000人と教育委員約300人にも、自分の論文と手紙を送る計画を立てている。「独島に対する日本の知識人の認識が変わり、日本全体に広まるよう、力が及ぶ限り論文と手紙を送り続けたい」
釜山= 権慶勲(クォン・ギョンフン)記者(以上( 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2012/12/16 10:4)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/16/2012121600241.html

 南朝鮮の大学名誉教授が、竹島を南朝鮮の物だと言う屁理屈を論文にまとめて日本人に送付して洗脳しようと努力していることが判明した。
 この糞教授は、日本の総選挙後に当選した衆議院議員にも送付をしようとしているらしい。民族的な歴史資料も改ざんして、竹島の領有を主張する南朝鮮に一理もない。日本の政治家や主要人物にゴミを送付しているらしいが、そのような屁理屈が日本で通るわけがない。朝鮮半島の歴史は、有史始まって以来、中国への朝貢でなんとか中国の属国としての地位を守り続けただけだ。まして、竹島の領有権を日本の植民地支配と結びつけていること自体、歴史の歪曲以外の何者でもない。慰安婦問題にしても、日韓基本条約締結時に、日本政府が個別保障をするというのに対して、朴正煕が金だけよこせ、後は南朝鮮で保障すると金だけぶんどって該当者に保障することもなく、南朝鮮が国家のために使ったのが事実だ。朝鮮人という有史以来虐げられた民族性として、何でも被害妄想にかられるというものが根付いている。
 日本も政権が変われば、柳腰、逃げ腰外交から、脱却し、言うべきことは言う外交に変わって欲しいものだ。そうしなければ、朝鮮半島がさらに図に乗るだけだ。(No.3493)

|

« 天命もNOと言うてる民主党 | トップページ | 嘘吐きに審判下る民主党 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56332985

この記事へのトラックバック一覧です: 不都合は書かぬ論文など要らぬ:

« 天命もNOと言うてる民主党 | トップページ | 嘘吐きに審判下る民主党 »