« 流用を補正予算で補填する | トップページ | ボロボロがボロボロ腐す選挙戦 »

候補者の土下座は選挙終わるまで

民主逆風、夫婦で土下座も…各党必死の前哨戦
 衆院選は4日に公示され、静岡県内でも静岡1~8区の小選挙区と比例選東海ブロックで選挙戦に突入する。
 前回衆院選の大敗から復活を目指す自民と、逆風に耐えて議席死守を図る民主、無党派層への食い込みを狙う第3極――。立候補予定者たちの動きを追った。
 全国的に民主党からの離党者が相次ぐ中、県内では小選挙区の全8支部長が1人も離党しなかった。党への逆風は厳しいが、8人は議席を死守しようと背水の陣で戦いに臨んでいる。
 「今度の選挙は、政党の戦いではない。『牧野党』の党首を絶対に県都静岡から落とすわけにはいかない」
 11月27日夜、静岡市葵区の静岡商工会議所で開かれた牧野聖修氏(67)=静岡1区=の支援者集会。外務副大臣の榛葉賀津也・民主党参院議員が語気を強めた。
 県連会長を務める牧野氏は「色んな問題はあるが、人の命と豊かな生活を守れるのは民主だけ」と民主色を強調した。だが、民主党に追い風が吹いた前回選から状況は一転している。
 解散翌日の11月17日、出馬予定の候補者の1人は、支援者が集まった会合で人目をはばからず夫婦で土下座した。
 支援者には「小選挙区で負けたら比例で復活する可能性はほとんどない。『民主党はダメだ』という人も多いだろうが、再び国政に戻らせてほしい」と懇願し、「政界全体を一新するフロントランナーになる」と訴えた。(以上(2012年12月3日11時57分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121203-OYT1T00281.htm

 有権者が候補者と対等になる選挙期間に突入した。
 マニフェスト詐欺で逆風の吹く民主党議員の中には、支援者を前にして夫婦で土下座までした候補があったという。しかし、土下座も頭を下げるのも選挙が終わるまでの短期間のことだ。その後、当選でもすれば、4年間有権者を無視して反っくり返るだけだろう。「再び国政に戻らせてほしい」と懇願する候補もいるようだが、この3年余りの民主党政権がどれだけ国民の意識と乖離した政治をやったかを考えれば、有権者は賢い選択をしなければならない。
 4年後の総選挙では、成果はこれだけありますと胸を張って選挙に望める候補を今選択しなければならない。(No.3497-5)

|

« 流用を補正予算で補填する | トップページ | ボロボロがボロボロ腐す選挙戦 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56244064

この記事へのトラックバック一覧です: 候補者の土下座は選挙終わるまで:

« 流用を補正予算で補填する | トップページ | ボロボロがボロボロ腐す選挙戦 »