« 橋下は違法行為もケツの穴 | トップページ | 言い訳でまだ鳩山が目立ちたい »

放射能よりも小沢は総選挙

小沢氏が異例の地元岩手入り 衆院選、情勢に危機感
 日本未来の党の小沢一郎前衆院議員が12日、衆院選支持固めのため、お膝元の岩手県に入った。選挙期間中に小沢氏が地元に戻るのは異例で、危機感の表れだ。「小沢王国」と呼ばれる固い選挙基盤を誇ってきたが、各社の世論調査結果から民主、自民両党のはざまで埋没が懸念されている。
 小沢氏は選挙戦最終日までの4日間、岩手に張り付く。自身の選挙区を含めた県内全4選挙区をくまなく回り、てこ入れに奔走する。
 12日夕、小沢氏は岩手県一関市にある岩手3区の新人候補の事務所に到着。約60人の支持者から大きな拍手がわいた。(以上(2012/12/12 18:34【共同通信】)より引用)http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012121201001558.html

 福島第一原発菅災後、放射能が怖くて地元選挙区に帰ることもなかった小沢一郎が、選挙情勢が悪いので、岩手に戻って選挙運動を始めたとのことだ。
 小沢の過去が怖くて小沢隠しの戦術をとっていた日本未来の党だが、一兵卒の小沢一郎もその体たらくにしびれを切らしたのだろう。卒原発と嘉田由紀子がほざいてみても、具体策の見えない政策に誰が見向きをするのだろうか。また、原発以外は一兵卒の小沢一郎に丸投げというのだから、日本未来の党の体質が、故田中角栄時代の自民党政権にタイムスリップさせようということは見え見えだ。
 大物政治屋が行けば、支持率が上がるなどと言う日本の体質も大問題だろう。如何に日本の未来を見据えた政治家を選ぶ選挙であるべきだ。(No.3490-5)

|

« 橋下は違法行為もケツの穴 | トップページ | 言い訳でまだ鳩山が目立ちたい »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本未来の党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56316119

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能よりも小沢は総選挙:

« 橋下は違法行為もケツの穴 | トップページ | 言い訳でまだ鳩山が目立ちたい »