« 政党のままで居られた社民党 | トップページ | 郵便会社何をやっても無責任 »

落選に責任転嫁する真紀子

首相「迷惑かけた」と陳謝…8閣僚落選の閣議
 政府は18日午前、衆院選後初めてとなる閣議を開き、全閣僚が出席した。
 選挙に臨んだ12閣僚のうち、現行憲法下で最多の8閣僚が落選したこともあり、野田首相は「本当に迷惑をかけた」と陳謝したという。
 閣議後の記者会見では、落選閣僚から、年内解散に踏み切った首相への“恨み節”が相次いだ。
 田中文部科学相は「(首相の)独りよがりだ。政治がわからないというか、ラック・オブ・イマジネーション(想像力の欠如)だ」とこき下ろし、国民新党の下地郵政改革相も「(2012年度補正)予算を通し、税制改正を終わらせた後に選挙をすれば(よかった)。『近いうち』という言葉にあまりにも重みを置きすぎた」と苦言を呈した。(以上(2012年12月18日13時16分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news/20121218-OYT1T00525.htm

 田中真紀子が自分が落選したことを野田豚に「恨み節」をぶつけたそうだ。
 真紀子の言い分は、野田豚の解散を「自爆テロ解散」とまでこき下ろしたが、盤石を誇った故田中角栄の越山会からそっぽを向かれたのは、田中真紀子の自業自得というものだろう。それだけ、選挙区を疎かにしていた自分については全く反省する気もないようだ。また、政治屋を続けることもほざいているが、TVタックルにでも出て放言をすれば気が済むのならば、それでも良かろう。
 反省のないサル以下の田中真紀子は、面白可笑しく無責任な放言をするのが関の山だろう。旦那はもうしばらくは参議院議員で居ることができるので、養ってもらえばよいことだろう。(No.3495)

|

« 政党のままで居られた社民党 | トップページ | 郵便会社何をやっても無責任 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56346066

この記事へのトラックバック一覧です: 落選に責任転嫁する真紀子:

« 政党のままで居られた社民党 | トップページ | 郵便会社何をやっても無責任 »