« 被災地は何時になったら直るやら | トップページ | 安倍総理なったつもりで先走る »

裏方で我慢できないのが小沢

小沢さん、表に出ないで…嘉田代表が結党時確認
 日本未来の党の嘉田代表は11日、埼玉県本庄市での講演で、11月24日に「国民の生活が第一」代表だった小沢一郎氏と新党結成で合意した際の「約束」を披露した。
 小沢氏から、「原発反対の国会議員がバラバラだ。みんなが乗る船を作ってくれ。自分が影で隠れて押すから」と、新党の代表就任を口説かれ、「無役ですよ。表に出ないで下さい。表に出るのは私です。潜ってください」と確認したうえで、受諾したという。
 嘉田氏は、「だから、小沢さんは使いこなさせていただきます」と強調した。参加者からは、「小沢さんは、今は『一兵卒』だが、選挙が終わったら『大将』になりそうな感じだ」と懸念する声も上がり、嘉田氏は「だから“嘉田票”を増やさないといけないんです」と支援を訴えた。(以上(2012年12月11日19時19分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/20121211-OYT1T01117.htm?from=top

小沢一郎氏、公示日以来の街頭演説 ハト派前面に
 日本未来の党の小沢一郎前衆院議員は10日、衆院選公示日以来の街頭演説に臨んだ。東京都内6カ所でマイクを握り、ハト派を前面に支持を訴えた。
 「核武装とか、『この国はけしからんからやっつけろ』とか。そんなことで国民の命と暮らしを守れるのか」。小沢氏はこの日、JR池袋駅や東京スカイツリー前でこう訴えた。
 小沢氏は公示日の4日、愛媛県久万高原町で第一声を上げてから、公の場に姿を見せなかった。「俺はあまり表に出ない」と周囲に漏らし、未来代表の嘉田由紀子滋賀県知事を「選挙の顔」にする構えだった。
 だが、結党間もない未来の知名度不足は否めず、候補者の一人は「街頭で政策と党名を訴えるしかない」と厳しい表情だ。こうした情勢を踏まえ、小沢氏は12日まで首都圏を中心に遊説などを行い、未来のテコ入れに乗り出す考えだ。小沢氏側近は「これから小沢さん本人が動く。小沢さんだけで500万票はとれる」と期待を寄せる。(以上(朝日新聞2012年12月10日21時3分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1210/TKY201212100373.html

 日本未来の党では、卒原発しか興味のない嘉田由紀子を表の顔として使う予定だったが、総選挙についてはド素人の嘉田由紀子にしびれを切らして小沢一郎が表に出始めたようだ。
 小沢陣営では、原発が怖くて自分の選挙区にも戻らなかった小沢一郎が動けば500万票と皮算用を弾いているようだが、人寄せパンダでもあるまいし小沢の顔を見せたら有権者が催眠術に掛かって、日本未来の党に投票するかのような神憑り的な話に期待しているようだ。巷では、政治を前に進めるの後退させるのと騒いでいるが、小沢に権力を持たせることは、故田中角栄時代の政治にタイムスリップさせることに早く気付くべきだ。(No.3488-4)

|

« 被災地は何時になったら直るやら | トップページ | 安倍総理なったつもりで先走る »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本未来の党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56304974

この記事へのトラックバック一覧です: 裏方で我慢できないのが小沢:

« 被災地は何時になったら直るやら | トップページ | 安倍総理なったつもりで先走る »