« 靖国に行く暇もない安倍総理 | トップページ | 交付金詐欺を地でいくのは未来 »

朝鮮の書簡さっさと突き返せ

李大統領 日本の安倍新首相と野田前首相に書簡
  【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は26日、日本の首相に選出された自民党の安倍晋三総裁に首相就任を祝福する書簡を送った。
  青瓦台(大統領府)の朴正河(パク・ジョンハ)報道官によると、李大統領は書簡の中で、韓国と日本は隣国同士であり、友邦として緊密な交流と協力を続けてきたとした上で、「韓日が未来志向的に協力することは両国と北東アジア、世界の平和と繁栄のためにも重要だ」と述べた。
また、「今後も積極的に協力し、努力していくことを期待する」と強調した。
李大統領は野田佳彦前首相にも書簡を送り、「両国が北朝鮮問題をはじめ国際社会で緊密に協力してきたことを高く評価する」との認識を示した。また、今後も韓日の友好協力関係の発展に向け共に努力していくことを期待すると述べた。 (以上(2012年12月26日17時51分[(c)聯合ニュース])より引用)
http://japanese.joins.com/article/613/165613.html

 竹島に不法上陸した李明博が、安倍死ん三と野田豚とに書簡を送ったそうだ。
 書簡の中には、未来志向で協力をと書いてあったらしいが、日韓問題の未来志向とは、慰安婦問題は既に賠償済みで、朴正煕が流用したことを認めて南朝鮮内で決着をつけること、そして、竹島を違法占拠していることを認めて竹島を日本に帰して、初めて両国の将来を語る土壌が出来るのであって、ひん曲げた朝鮮の歴史観を日本が受け入れることではないことを安倍死ん三は早く打ち出すべきだ。
 一方的に朝鮮の言い分を書き連ねた書簡など突き返して、安倍政権の強い意向を世界に示すべきだ。子供じみた親書を突き返したのは李明博だ。(No.3504-2)

|

« 靖国に行く暇もない安倍総理 | トップページ | 交付金詐欺を地でいくのは未来 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56405507

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮の書簡さっさと突き返せ:

« 靖国に行く暇もない安倍総理 | トップページ | 交付金詐欺を地でいくのは未来 »