« 総選挙小沢隠しも効を得ず | トップページ | 菅というゾンビ復活する比例 »

新記録残し民主が去っていく

現職閣僚8人落選 官房長官・財務・総務… 民主重鎮も
 野田内閣の現職閣僚では、藤村修官房長官(大阪7区)や城島光力財務相(神奈川10区)をはじめ計8人が落選した。民主党の重鎮や幹部も議席を失い、党の壊滅的な敗北を象徴する結果となった。
 藤村官房長官は、小選挙区で自民党候補に敗れたうえ、比例でも復活できなかった。現職の官房長官が落選するのは、1947年に官房長官制度が創設されて以来、初めて。
 今回の選挙には、野田佳彦首相を除き12人の現職閣僚が立候補したが、藤村氏や城島氏のほか、樽床伸二総務相(大阪12区)や田中真紀子文部科学相(新潟5区)、三井辨雄厚生労働相(北海道2区)、小平忠正国家公安委員長(北海道10区)、中塚一宏金融相(神奈川12区)、国民新党の下地幹郎郵政民営化相(沖縄1区)が軒並み落選。当選したのは4閣僚にとどまり、野田内閣への厳しい有権者の視線が裏付けられた格好だ。
 党重鎮では、98年の結党時から党運営を担ってきた党副代表の仙谷由人元官房長官(徳島1区)が落選し、同じく結党時からのメンバーの菅直人前首相(東京18区)が小選挙区で敗北。選挙対策を担った鉢呂吉雄選挙対策委員長(北海道4区)も落選した。
 閣僚経験者も苦戦した。平野博文元官房長官(大阪11区)や川端達夫元総務相(滋賀1区)のほか、鹿野道彦元農林水産相(山形1区)も比例区でも復活できなかった。(以上(朝日新聞2012年12月17日3時7分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1217/TKY201212170003.html

 今回の総選挙において、民主党は現職閣僚8人落選という総選挙史上輝かしい新記録を樹立して、比較第1党どころかものの見事な負けっぷりを見せてくれた。
 何しろ、民主党政権歴代の官房長官、平野博文、仙谷由人、藤村修と4人中3人が落選したというのだから、民主党政権が如何におかしな政権だったかが分かる。ただ残念なのは、原発菅災時の大本営・枝野幸男と菅災の張本人である歩く国賊・菅直人(比例復活)が、国会議員として生き残ったことが心残りだ。
 マニフェスト詐欺に懲りて、何一つとして具体策を打ち出せなかった民主党に国の将来を託せるはずもなかったのだ。(No.3493-5)

|

« 総選挙小沢隠しも効を得ず | トップページ | 菅というゾンビ復活する比例 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56337058

この記事へのトラックバック一覧です: 新記録残し民主が去っていく:

« 総選挙小沢隠しも効を得ず | トップページ | 菅というゾンビ復活する比例 »