« 兵庫県警が失態を繰り返す | トップページ | 市長職メールで済ましたい兼務 »

爺さんが婆さん轢きに知人宅

軽トラ、交差点左折した先に妻…はねて死なす
 11日午後2時50分頃、静岡県伊豆市八木沢の市道交差点で、同市小下田、農業吉川奈三子さん(84)が、夫の洋さん(86)が運転する軽トラックにはねられ、全身を強く打って死亡した。
 大仁署の発表によると、奈三子さんは先に車を降りて知人宅に向かっていた。洋さんは駐車場に入ろうとして左折したが、曲がってすぐの場所に奈三子さんがいたという。(以上(2012年12月12日14時42分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121211-OYT1T01338.htm

 86才の高齢運転手が、知人宅を訪ねて先に下りた妻を轢き殺したという。
 人の不幸を言うのは悪いという考えもあるが、はっきり言って、親族は他人に迷惑を掛けずに済んだと考えるべきだろう。妻を轢いた夫は、左折した先に妻がいたと言うが、見通しの悪い交差点で、すぐに止まれる徐行をしていれば、少なくとも全身打撲で死ぬことはなかったはずだ。それなりの速度が出ていたからそうなったのだ。
 運転していた洋容疑者は、当然刑事罰を受けなければならないが、ハンドルを握っていた以上、高齢ということで情状酌量を求めるようなことをするべきではない。(No.3489-2)

|

« 兵庫県警が失態を繰り返す | トップページ | 市長職メールで済ましたい兼務 »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56306548

この記事へのトラックバック一覧です: 爺さんが婆さん轢きに知人宅:

« 兵庫県警が失態を繰り返す | トップページ | 市長職メールで済ましたい兼務 »