« 自分の発言は忘れる輿石 | トップページ | 無免許に警察庁が動き出す »

外交はつけ爪だったタカの爪

中国側、共同支配を提案 安倍氏に圧力
■習氏周辺「偶数日と奇数日、交互に巡回…」
 【北京=矢板明夫】11月中旬に発足した中国の習近平指導部が、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海や領空の侵犯、接近を続けている。こうした中、習指導部に近い学者が北京で行われたフォーラムで「日中両国による同諸島の交互巡回体制の構築」を提案し、注目を集めた。習指導部は一連の言動で、間もなく首相になる自民党の安倍晋三総裁に圧力をかけ、「尖閣諸島の共同支配」を認めさせようと企図しているとみられる。
 中国国営新華社通信傘下の新聞「参考消息」などの主催で今月15日に開かれたフォーラムに参加した上海の復旦大学国際問題研究院の沈丁立副院長は北東アジア情勢について、「日本政府による釣魚島(尖閣諸島の中国名)国有化を受けて、中国は同島周辺における主権の主張を常態化させた」と述べた。
 沈氏は「飛行機を使って相手の飛行機を追い払えば、接触して武力衝突に発展する可能性がある」と懸念を示した上で、「できれば時間と空間をずらした方がよい」「一方の船が現場に到達した際、もう一方の船はすでにいない状態が理想」と主張。例えば奇数日は日本、偶数日は中国という形で、交互に巡回することを提案した。
 習近平指導部で外交問題を主導する王滬寧政治局員と近い関係で知られる沈氏は、「中日両国が釣魚島を管理する問題で“時空交錯”を実現すれば、北東アジア情勢の安定化に寄与する」と強調。中国の外交関係者は、沈氏の一連の発言は、共産党指導部の意向を受けた可能性が高いとみている。
 胡錦濤政権は、日本に対して「領土問題の存在を認めること」は求め続けてきたが、トウ小平時代以来の政策を継承し、日本の実効支配を黙認し、双方ともに何もしない“棚上げ”を支持する方針は崩していなかった。
 習指導部は、中国の公船による同諸島周辺の巡回を日本に黙認させることに照準を定め、交渉のハードルを一段と高くしている。
 24日付の中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙「環球時報」は「中国の飛行機が墜落するようなことがあれば、日本は必ず報復されるだろう」と題する社説を掲載した。中国の飛行機に対し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したことを「危険なゲーム」と批判。沈氏が主張する「時空交錯提案」に呼応する同紙の論調からも、習指導部の強硬な姿勢がうかがえる。(以上(MSN産経ニュース2012.12.25 07:01)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121225/chn12122507020002-n1.htm

韓国政府「日本の『竹島の日』行事、容認できない」
  韓国政府は、日本政府が推進中の、いわゆる「竹島(独島の日本名)の日」記念行事に関し、「行事自体を容認できない」という立場を繰り返し明らかにした。
  24日の韓国国内の報道によると、趙泰永(チョ・テヨン)外交通商部報道官はこの日の定例記者会見で、「明白に韓国固有の領土である独島(ドクト)について、他国の地方政府にせよ、中央政府にせよ、記念行事をすることは容認できない」と述べ、こうした立場を表明した。
  次期日本首相の安倍晋三自民党総裁が「竹島の日」行事の政府開催を保留することにしたという報道に関しては、「まだ確認されていないが、その通りなら幸いな決定」と評価した。
  安倍総裁は島根県の「竹島の日」行事を政府が開催することについて「総合的な状況などを踏まえて考えていきたい」と述べ、保留する可能性を示唆した。(以上(2012年12月24日16時55分[(c)中央日報日本語版])より引用)
http://japanese.joins.com/article/496/165496.html

 安倍死ん三が、「竹島の日」と「尖閣公務員常駐」の公約を先送りした見返りに、中国・南朝鮮が好き放題ほざき始めた。
 総選挙前には、安倍死ん三を危惧する発表ばかりしてきた中国・南朝鮮だが、公約の先送りを見るやいなや、尖閣の共有、竹島は南朝鮮の領土と強気の発言をほざき始めた。どこがタカ派なのか分からない、安倍死ん三の外交政策は既にダッチロールを始めたと言っても過言ではない。さらに、南朝鮮は図に乗って、安倍死ん三の送った特使と朴槿恵は会わないとほざいたのだ。竹島の日は日本の行事であり、南朝鮮にどうのこうのと内政干渉される筋合いの話ではない。慰安婦問題にしても、朴槿恵の親父・朴正煕が日本の賠償金を個人補償に回さずに使い込んだだけだ。安倍死ん三は、朴槿恵に会うことがあったら、まず、これを蒸し返すべきだ。
 このような中国・南朝鮮の新聞記事を読んで安倍死ん三はどう考えるのだろうか。つけ爪の取れたタカ派がどう対処するのか、売国奴とならないように強気で交渉するべきだ。(No.3502-5)

|

« 自分の発言は忘れる輿石 | トップページ | 無免許に警察庁が動き出す »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56392365

この記事へのトラックバック一覧です: 外交はつけ爪だったタカの爪:

« 自分の発言は忘れる輿石 | トップページ | 無免許に警察庁が動き出す »