« ボロボロがボロボロ腐す選挙戦 | トップページ | 過半数さえも目指さぬ民主党 »

総選挙輿石隠しする民主

風林火山の「山」…地元を動かない輿石幹事長
 衆院解散後、3度目の週末となる1日、民主党の選挙対策の中心となるはずの輿石幹事長は、地元・山梨県内の選挙対策に没頭していた。
 輿石氏は1日昼、甲府市内で公認候補の斎藤勁(つよし)官房副長官を伴い、山本栄彦・前山梨県知事と面会、「ご厄介になります」と丁重に支援を要請した。甲府市長も務めた山本氏が「なんとか(選挙態勢の)形を作らないと」と忠告すると、輿石氏は何度もうなずき、別れ際には、「すみません。会えて、よかった」と、両手を合わせて山本氏を拝んだ。
 11月29日夜、山梨県昭和町での民主党山梨・連合山梨合同総決起集会で「この土日は甲府盆地を駆け巡りたい」と宣言した通り、輿石氏は1日、山梨1、3区で、ミニ集会や労働組合などを回った。2日も山梨を回り、公示日の4日も県内にとどまる予定だ。衆院解散以降、山梨にこもる姿が目立っている。
 輿石氏は全国の選挙遊説は基本的に行わず、党務で上京しても、山梨にとんぼ返りするようなケースがほとんどだ。
 一般的に政党の幹事長は、候補者調整などの組織対策に加え、テレビ出演や全国的な街頭遊説などで支持拡大を図る世論対策の要となり、党の消長を左右する存在とされる。輿石氏の与党幹事長らしからぬ姿に、党内からは「山梨県連の選挙対策委員長のようだ」とやゆする声も出ている。
 お膝元の山梨1区では、小沢鋭仁元環境相が民主党を離党して日本維新の会から出馬する。自らの威信に懸けて「絶対に負けられない」として、輿石氏は地元に張り付いているとの見方もある。
 さらに参院議員の立場で衆院選を指揮する難しさもあり、党内のあるベテラン議員は1日、こう指摘した。
 「輿石氏は人情家だから、組織運営に向く。しかし、世論受けがしないので、表に出たらマイナスだと本人も分かっているのだろう」
 自ら意識的に「輿石隠し」をしているとの分析だ。
 幹事長の業務は、鉢呂吉雄選対委員長や安住淳幹事長代行らがカバーしている。民主党幹部は「選挙戦で最大の切り札は、野田首相の存在そのものだ」として、首相を前面に押し出す党首対決に活路を開こうとしている。
 「脇役もできる名役者だから、首相の引き立て役を演じきろうとしているのかもしれない」
 「風林火山」の「山」のように動かず、山梨に陣取る輿石氏の真意を探り、党内にはこんな声もある。(以上(2012年12月3日00時07分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121202-OYT1T00512.htm

 民主党政権内で、悪事を尽くした輿石ミイラは、民主党幹事長という立場でありながら、影に隠れて山梨選挙区の応援だけに専念しているというのだから、噴飯物だ。
 やはり、幹事長でも参議院議員だと総選挙という概念が分かっていないらしいが、輿石ミイラが表に立って街頭演説をやっても、野次怒号で演説も聞こえないことになることを自ら知っているので、自分から意識的に「輿石隠し」をやっているのだろう。そして、ガキの知能のちびっ子ギャング・安住淳を表に出して顰蹙を買っていれば、これほど、民主党凋落に効果的なことはあるまい。輿石ミイラとしては、山梨に籠もって日教組の仲間に囲まれて都合の良いことだけを聞いている方が、気が楽なのだろう。
 輿石ミイラは、何かにつけて孫子の兵法を口にしているが、「生兵法は怪我の元」という格言は知らないらしい。(No.3480-2)

|

« ボロボロがボロボロ腐す選挙戦 | トップページ | 過半数さえも目指さぬ民主党 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56248994

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙輿石隠しする民主:

« ボロボロがボロボロ腐す選挙戦 | トップページ | 過半数さえも目指さぬ民主党 »