« 嘘吐いて政権取った自民党 | トップページ | なりすましどうして防ぐネット選 »

前原の上から目線直らない

日銀総裁人事「事前に相談してもらう」…前原氏
 民主党の前原誠司前国家戦略相は29日、読売テレビの番組で、来年4月に任期満了を迎える日本銀行の白川方明総裁の後任人事について、「事前に相談してもらうということだ。相談なく(国会に)出されても、ノーだったらノーという」と述べ、民主党と事前調整が必要との認識を示した。
 前原氏は民主党が復活させた「次の内閣」財務・金融担当を務めている。
 自公両党は参院で過半数に満たず、民主党などが協力しないと人事案は国会で同意されない。
 日銀総裁人事をめぐっては、福田政権当時の2008年、野党だった民主党が、相次いで政府の人事案を否決し、総裁が一時的に空席となる事態を招いた。(以上(2012年12月29日18時11分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121229-OYT1T00531.htm

輿石氏「問責ごっこ、政治が前に進まない」
 参院第1党の民主党の輿石東参院議員会長は27日の記者会見で、国会対応に関し「『問責ごっこ』とみられるようなことは国民のためにならないし、政治が前に進まない。そういう戦術をとるつもりは毛頭ない」と述べた。
 野党が多数を占める参院で、首相や閣僚に対する問責決議案を乱発しない考えを示したものだ。(以上(2012年12月28日13時27分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121228-OYT1T00277.htm

 言うだけ番長・前原誠司が、日本銀行総裁の後任人事について、事前に民主党に相談しないと参議院で否決すると暗にほのめかした。
 自民党は、まだ、何も言っているわけではないが、言うだけ番長・前原誠司としては、自分の虚勢を張りたいのだろう。主流を離れた民主党元主流派としては、何時までも政権の余韻に浸っていたいのだろうが、まだ、輿石ミイラの方がまともな考えをしているようだ。
 言うだけ番長・前原誠司は、「次の内閣」財務・金融担当となったらしいが、少なくとも民主党には次の内閣も何も先はないのだ。(No.3507-4)

|

« 嘘吐いて政権取った自民党 | トップページ | なりすましどうして防ぐネット選 »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56433320

この記事へのトラックバック一覧です: 前原の上から目線直らない:

« 嘘吐いて政権取った自民党 | トップページ | なりすましどうして防ぐネット選 »