« 維新の会既に民主の終末期 | トップページ | 身から出たサビを知っても遅すぎる »

新党の中に派閥がもう芽生え

小沢系と嘉田系の綱引きで混乱…未来の比例名簿
 日本未来の党の衆院比例選の候補者名簿提出を巡る混乱は、駆け込みで結党した同党の意思決定の不透明さや統治能力の欠如を浮き彫りにした。
 「国民の生活が第一」を率いた小沢一郎氏系グループと、嘉田代表や側近の飯田哲也てつなり代表代行との主導権争いが背景にあるとの見方も出ている。
 嘉田氏は4日夜のNHKの番組で、「ぎりぎりまで調整し、少し混乱した。ご迷惑をかけたところも含め、反省材料として、党の運営を私の責任でやらせていただきたい」と釈明した。
 比例選の立候補届け出には、候補者名簿と、候補者本人の同意書や供託証明書などが必要で、各党は公示日の受け付け開始直後に提出するのが通例だ。候補者の名簿登載順位は小選挙区との重複立候補者にとって比例選での復活当選にかかわるだけに、党内調整の焦点となる。
 嘉田氏は1日には記者団に「公認候補決定について一任をいただいた」と説明していた。だが、実際の名簿作成は、選挙対策に通じた小沢系の議員が行い、嘉田氏が決裁するという「役割分担」(前議員)があったとされる。結局、同党の名簿は4日朝になっても確定せず、嘉田氏が遊説先を回る車中でも携帯電話などで調整を続けたという。
 北陸信越ブロックの届け出を行った未来の党関係者によると、4日朝、3人の小選挙区候補者を比例選で1~3位の順位を付けて重複立候補させるとした名簿を持って総務省を訪れた。ところが、審査の最中に、嘉田氏周辺が総務省に直接電話をかけ、名簿を修正する意向を伝えたという。審査は中断され、同党は3人を比例選1位に並べると修正した名簿を出し直した。(以上(2012年12月5日10時23分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/20121205-OYT1T00317.htm

 日本未来の党では、比例選の候補者名簿の提出のごたごた騒ぎで、新党でありながら、既に、小沢派と嘉田派とに別れていることが見えてきた。
 卒原発を唱えるだけの嘉田を代表に祭り上げて、裏で小沢一郎が糸を引くマリオネット状態であることがよく分かる。悪しき時代の自民党の精神を一番良く引き継いでいると言うよりも、「政治とカネ」の権化の小沢一郎ゆえに、党役員にもならずに一兵卒の形で党を牛耳っているのだろう。
 小沢一郎の発言は、その場その場だけで見れば正論だが、それなら過去との整合性は、と思い起こしてみると、信念があるとも思えないし、整合性があるなどとはとても思えない。(No.3482-5)

|

« 維新の会既に民主の終末期 | トップページ | 身から出たサビを知っても遅すぎる »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56261792

この記事へのトラックバック一覧です: 新党の中に派閥がもう芽生え:

« 維新の会既に民主の終末期 | トップページ | 身から出たサビを知っても遅すぎる »