« 公約は原発止めるだけという | トップページ | 立ち枯れが総理候補という維新 »

枝野から電気値上げのお墨付き

枝野氏、電気料金「おかしなくらい安すぎた」
 枝野経済産業相は30日の閣議後記者会見で、関西電力や九州電力の電気料金値上げ申請に関連し、「元々、(電気料金は)おかしなくらい安すぎた」との見解を示した。
 料金の原価には、原子力発電所が事故を起こした際の賠償や除染などの費用が含まれていないことを指摘したものだ。
 枝野氏は「(料金の)仕組みは過去の自民党政権が決めた」としたうえで、「(料金を)理論値通りに変えていくには、(急激な値上がりを防ぐ)激変緩和措置も含めて中期的に検討しないといけない」と述べた。(以上(2012年11月30日18時33分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20121130-OYT1T01017.htm

 民主党政権の大本営・枝野幸男発表。「日本の電気料金は安い」
 いかさま弁護士・枝野幸男は、相次いでだされた電力会社の電気料金値上げ申請について、無知無能をさらけ出した。電気料金の国際比較(http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4105.html)を見て貰えば分かるが、日本は先進諸国の中でも電気料金が高いことが一目瞭然だ。民主党の悪い癖は、どうしようもなくなったら自民党政権時代から悪かったとほざくことだ。そのために政権交代を有権者が判断をしたのであって、何かにつけて自民党政権時代に責任転嫁するのは、政権を持った意識が欠如しているからだ。有権者は、自民党政権よりはマシだろうと民主党を選んだのだ。自民党時代が悪いのならば、自民党政権のままで、自民党に文句を言っておけば良かっただけだ。何も、自民党時代と変わらないよりも、もっと酷い悪政をしておいて、よくもこのようなことがほざけたものだ。ちなみに、電力会社の電力料金には、電力会社の利益誘導をする百人近い電力会社社員の国会議員の給料も含まれていることだ。
 このようないかさま弁護士を国政から追い出せるのは埼玉5区の有権者だけだ。枝野のどこがよいのか、これまでの大本営発表による原発菅災での避難者の無益な被曝を与えたことをよく考えて、投票して欲しいものだと思う。(No.3495-6)

|

« 公約は原発止めるだけという | トップページ | 立ち枯れが総理候補という維新 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56223752

この記事へのトラックバック一覧です: 枝野から電気値上げのお墨付き:

« 公約は原発止めるだけという | トップページ | 立ち枯れが総理候補という維新 »