« 鳩山は隠居の他に手立てなし | トップページ | 党よりも建屋が先に崩れそう »

僕ちゃんはちゃんとやってる原口氏

民主原口氏「解散、党内の意思と違う」
 佐賀県関係の衆院議員は民主党の原口一博氏が「党内の意思と違う判断」と疑問を呈し、自身の対応も今後の党内の動きなどを見極めて判断する考えを示した。一方、同党の大串博志氏は「首相らしい正直な判断」と冷静に受け止めた。自民党の今村雅弘氏は「国民との約束なので当然」と述べ、政権奪還への意欲を見せた。
 代表選で自身を支持した議員との会合を開いた原口氏は「解散表明は常任幹事会の意思に反するという声が多い。これをどう整理するのか。解散の大義は何なのか。唐突感がある」と首相の決断に疑問を示した。自身の対応は「代表選で支持してもらった31人の方とも相談して見極めたい」と明言は避けながらも、「民主党を捨てようという考えはない」と離党は否定。解散まで時間がない中で「どうすれば本来の民主党に近付くのか考えたい」と早急に結論を出す考えを示した。
 首相補佐官として首相を支えてきた大串氏は定数削減を条件に解散を提案したことに、「身を切る覚悟を示すという首相らしい判断」と理解を示した。民主党にとって逆風の選挙になるとみられるが、「社会保障分野の充実など民主党だからできたこともある。その点はしっかり訴えていく」と強調した。
 一方、自民党の今村氏は「ここまではっきり言うとは驚きだった。党内の野田降ろしの機先を制したのだろう」と指摘。「民主党政権が続くことは日本にとって不幸。尖閣問題などの外交や経済政策など、自民党が強い日本を担っていく」と政権奪還に向けて意気込んだ。(以上(佐賀新聞2012年11月15日更新)より引用)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2327482.article.html

 TVタックルに出ると雄弁になり、民主党政権は知らないが自分はちゃんとやっているとほざく原口一博が、解散について私見をほざいたそうだ。
 いくら民主党政権という全体が悪いと指摘されても、自分はちゃんとやっているのだからそのようなことは言うなと言いながら、何も実績のない原口一博だ。解散について「党内の意思と違う判断」とほざいているが、それは原口の私見以外の何者でもなく、解散を決めるのも党内で議論して決めるべきだとほざいている。逆に野田総理を解散に追い込んだのは、民主党の常任幹事会の決定であり、さらに言えば、野田総理の党の女房役の輿石ミイラが、野田おろしに動き始めたからではないか。そして、野田総理がEASに出席している間にクーデターを起こそうと画策していたのではないのだろうか。しかし、もう、民主党政権は終わりなのだ。国民を無視して、政権があっても政治空白状態を続ける民主党政権の存在自体が悪なのだ。当然、その一員である原口一博も同罪だ。
 原口の言い分を聞けば、解散権は総理の専権事項ということは何を意味するのだろうか。佐賀県1区の有権者は、原口のボクが口先だけで頑張った成果をどう判断するのだろうか。(No.3480-3)

|

« 鳩山は隠居の他に手立てなし | トップページ | 党よりも建屋が先に崩れそう »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56123747

この記事へのトラックバック一覧です: 僕ちゃんはちゃんとやってる原口氏:

« 鳩山は隠居の他に手立てなし | トップページ | 党よりも建屋が先に崩れそう »