« 石原もやっぱり君子豹変す | トップページ | 新党と名乗って誰も寄りつかぬ »

迷走を続け戻っていた隠居

鳩山元首相、衆院選不出馬へ…TPPなど反発
 民主党の鳩山由紀夫元首相(65)(北海道9区、当選8回)は20日、次期衆院選に出馬しない意向を固め、党幹部や後援会関係者に伝えた。
 環太平洋経済連携協定(TPP)推進や消費増税などをめぐる党との対立が理由だという。21日に野田首相に会って伝えたうえで、記者会見する予定。
 鳩山氏は20日夜、地元後援会幹部に電話をかけ、「民主党に残って頑張りたいと思っていたが、党内の情勢が厳しく残れなくなった。連合や地元に支えられてやってきたので、ほかから出ることは出来ない。迷惑がかかると思い、引退することにした」と述べ、政界を引退する考えも示した。鳩山氏は、2009年9月から10年6月まで首相を務めた。首相経験者が政策対立を理由に不出馬を決めるのは極めて異例。(以上(2012年11月21日03時02分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121120-OYT1T01801.htm

 日本の国益は考えずに好き勝手し放題をやったルーピー鳩山由紀夫が、総選挙に出馬しないことを決めたらしい。
 総理をやったら総選挙に出ないと言いながら、発言を二転三転させていただけなので、当然のことをやったまでだ。その間、どれだけ日本の国益を損ねる悪行を重ねたことを考えれば、遅すぎた決断だ。それも、民主党、特にちびっ子ギャング・安住淳に外堀を埋められて、落選するのはかっこわるいから仕方なく出馬しないというのが実態だから、噴飯物だ。
 ルーピー鳩山由紀夫は、このまま成仏して、まかり間違っても「友愛」などとほざいて、身勝手な行動など取らずに、座敷牢で隠居して欲しい。後、歩く国賊・菅直人が脱原発を掲げて出馬する気だが、国会議員から引きずり下ろして、一般国民として身柄拘束がやり易くなるように有権者は気を配るべきだ。(No.3486)

|

« 石原もやっぱり君子豹変す | トップページ | 新党と名乗って誰も寄りつかぬ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56160895

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走を続け戻っていた隠居:

« 石原もやっぱり君子豹変す | トップページ | 新党と名乗って誰も寄りつかぬ »