« 批判しかできぬ演説する総理 | トップページ | 菅直人総理時代は棚に上げ »

立候補締め切るまでは分からない

鳩山元首相、議員生活に未練 日本未来の党からの出馬に色気?
 鳩山由紀夫元首相は28日夜、東京都内で開かれた新党「日本未来の党」に加わる初鹿明博前衆院議員の総決起集会に出席し、議員生活継続への未練をにじませた。
 鳩山氏は「日本未来の党の考え方こそ本来の民主党の原点の発想だ」と絶賛。「なぜ鳩山も新しい流れに合流しないんだと思いますよね」と聴衆に語りかけると、大きな拍手がわき起こり「拍手をいただくと、その誘惑はたいへん強い」と述べ、衆院選出馬への意欲を見せた。鳩山氏は12月4日公示の衆院選への不出馬を決めている。
 さらに、民主党が初鹿氏の選挙区に対抗馬を擁立したことに触れた上で、「私は今日、輿石東幹事長に応援に行かせてもらうと申し上げてからうかがった」と明かし、「それで結構だ」と輿石氏が述べたとも暴露し、他党の応援を容認されたと胸を張った。(以上(MSN産経ニュース2012.11.28 22:33)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121128/elc12112822360050-n1.htm

 引退を表明したルーピーハトやま由紀夫だが、民主党所属議員であるにもかかわらず「日本未来の党」の候補者を推すらしい。
 また、ルーピー鳩山由紀夫が、「日本未来の党」の候補者を応援することを輿石ミイラが認めたと言うのだから、民主党内にルール、良識含めて何も残っていないことを示している。また、ルーピー鳩山由紀夫は、初鹿明博の総決起集会で、議員継続の未練をにじませたらしいが、それならば、総選挙に立候補して、堂々と落選すれば済んだことだ。落選することが分かっているので、引退を表明したのではないだろうか。と言っても、常識で計り知れないのが、ルーピー鳩山由紀夫だ。総選挙の立候補者の締切までは何をやらかすか予断を許さない状況だろう。
 外務省は、ルーピー鳩山由紀夫がこれ以上海外で「友愛」をほざくことの無いように、鳩山由紀夫のパスポートを没収するべきだ。それが日本の国益を損ねない重要なことだ。(No.3494)

|

« 批判しかできぬ演説する総理 | トップページ | 菅直人総理時代は棚に上げ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56217112

この記事へのトラックバック一覧です: 立候補締め切るまでは分からない:

« 批判しかできぬ演説する総理 | トップページ | 菅直人総理時代は棚に上げ »