« 解散で政権維持と言う民主 | トップページ | 候補者を金蔓にしている維新 »

烏合の衆が選挙目当てに同意する

維新と太陽の党、衆院選前の合流で合意
 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長と、太陽の党共同代表の石原慎太郎前都知事が16日、東京都内で会談し、衆院選前の両党の合流で合意した。
 橋下氏が合流の条件として維新の会の基本政策受け入れを求め、石原氏が応じた。太陽の党は解党し、合流後の政党名は日本維新の会を維持する。石原氏が代表、橋下氏が副代表に就く方向で調整している。橋下氏は大阪市内で記者団に「合意ができた」と語った。17日に同市内で石原氏と会い、合流を正式に決める考えも示した。
 一方、石原氏は15日に、減税日本代表の河村たかし名古屋市長との記者会見で同党と太陽の党の合流を発表していたが、16日の橋下氏との会談で見送りを求められ、了承したという。太陽の党の園田博之前衆院議員は衆院解散後、国会内で記者団に「太陽の党と維新の会がまず合意できるかが大事。減税日本の参入は、その後のことではないか」と語った。河村氏は名古屋市内で記者団に「そんなこと(合流撤回)はない。維新の会側と話す」と不快感を示した。(以上(2012年11月17日03時00分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121116-OYT1T01116.htm

 大阪市政をほったらかしにして、橋下徹は、東京で石原慎太郎と会談を続けて合意したそうだ。
 公開討論会という茶番劇で、一瞬にして有権者の支持を失った橋下徹だが、何とか石原慎太郎と手を組んで、国政選挙に臨もうと画策を続けている。しかし、石原慎太郎を中心にして、そのネームバリューにすり寄ってくる小政党の主義主張は違っており、一致しているのは総選挙で当選することだけと言っても過言ではない。主義主張を曲げて大同団結しても、細川政権や今の民主党政権と同じように、党内が一つに纏まることもなく、火種を抱えた短命政権にしかならないだろう。それよりも、政権に影響力を持つ、股座膏薬として政権を操りたいとでも考えているのだろうか。
 選挙のために大同団結しても、その後纏まることなどあり得ないだろう。党内で主導権争いをするのがオチだ。その時に、国政に影響がない程度の議席数に納まってくれるのが一番ではないかと思う。(No.3481-2)

|

« 解散で政権維持と言う民主 | トップページ | 候補者を金蔓にしている維新 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56130291

この記事へのトラックバック一覧です: 烏合の衆が選挙目当てに同意する:

« 解散で政権維持と言う民主 | トップページ | 候補者を金蔓にしている維新 »