« 立候補締め切るまでは分からない | トップページ | 三度目の正直にしろコラ藤井 »

菅直人総理時代は棚に上げ

「小沢氏実権握れば破綻」 日本未来に菅前首相
 民主党の菅直人前首相は28日、自身のブログで、滋賀県の嘉田由紀子知事が結成した「日本未来の党」について「嘉田さんは本物の環境派だが、党の実権を小沢(一郎元民主党代表)さんが握る構造は必ず破綻する」と指摘した。同党内が二重権力構造となり党運営に支障を来すとの認識があるとみられる。
 同時に日本未来が脱原発を掲げ衆院選争点とする姿勢について歓迎の意向を表明。「民主党がこれまで進めてきた『原発ゼロ』への政策努力をもっと伝えなくてはならない」と強調した。(以上(2012/11/29 01:51【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012112801001779.html

 総選挙での落選が囁かれている歩く国賊・菅直人が、日本未来の党で小沢支配を心配したコメントを出した。
 「小沢氏実権握れば破綻」とほざいているが、それならば、歩く国賊・菅直人は、総理時代に何をしたというのか。原発菅災の張本人、震災前の原発推進者であるにもかかわらず、今では過去の言動は棚に上げて、脱原発をほざいているだけだ。また、自分が総理時代の悪行について反省をするどころか、議事録を作っていないので、後付けで自分が如何に原発事故に対応したかという嘘を本にしたり、ほざき続けているではないか。民主党議員という代物は、自分のことは棚に上げて、好き放題ほざくのがその性格のようだが、総理という地位にありながら、ここまで原発菅災を大きくした責任は歩く国賊・菅直人にある。
 東京18区の有権者は、歩く国賊・菅直人を落選させて普通の人にすることで、刑事責任を問いやすくすることが、原発菅災の全容解明に必要不可欠だということを認識して欲しいものだ。(No.3494-2)

|

« 立候補締め切るまでは分からない | トップページ | 三度目の正直にしろコラ藤井 »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56217114

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人総理時代は棚に上げ:

« 立候補締め切るまでは分からない | トップページ | 三度目の正直にしろコラ藤井 »