« 新党と名乗って誰も寄りつかぬ | トップページ | 公務員宿舎は2倍でも安い »

どうするの維新の中の核武装

橋下氏、石原氏の核武装論に「あってはならぬ」
 新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は8日、次期衆院選での連携協議を進める石原慎太郎・前東京都知事が月刊「文芸春秋」11月号で、尖閣諸島を巡り緊張が高まる中国に対抗するために、「最低限核兵器のシミュレーションが必要だと考える。強い抑止力としてはたらくはずだ」などと言及した点に、「考えることは大いに結構だ。核を日本が持つかどうかを前提とするのではなく、安全保障で核の役割を考えるのは政治家としてやらなければいけない」と理解を示した。
 市役所で記者団の質問に答えた。ただ、石原氏の持論の核武装論には、「日本が置かれた状況下で、核保有を目指すと公言することは日本維新の会では、あってはならない」と述べ、否定的な見解を示した。(以上(2012年11月21日07時40分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121109-OYT1T01001.htm

 マスコミをツイッター代わりに使っている日本維新の党の橋下徹が、暴走老人・石原慎太郎の核武装論に異論を唱えた。
 見える所で、議論してくれるのも良いが、余りにも稚拙だ。本当に選挙公示前には、少なくとも選挙期間中は変わらない選挙公約を出して欲しいものだ。
 これで第三極などと言っていること自体、日本の政治を甘く見ているとしか考えようがない。それでも、民主党のように騙されるまでに化けの皮が剥がれてきているので、投票日までには、その実態も明らかになるだろう。(No.3486-3)

|

« 新党と名乗って誰も寄りつかぬ | トップページ | 公務員宿舎は2倍でも安い »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56165329

この記事へのトラックバック一覧です: どうするの維新の中の核武装:

« 新党と名乗って誰も寄りつかぬ | トップページ | 公務員宿舎は2倍でも安い »