« 詐欺師から人と呼ばれぬ離党組 | トップページ | 多数決取らぬ民主の民主主義 »

誤魔化して返せば済むという野田家

首相の弟の船橋市議、政務調査費47万円返還
 野田佳彦首相の実弟の野田剛彦・千葉県船橋市議(51)の政務調査費に目的外支出があったとして住民監査請求が出された問題で、野田市議は22日、計約47万円を市に返還したことを明らかにした。
 政策宣伝用器材やムービーカメラ一式などの代金で、野田市議は「私的に使用する分の代金を差し引く案分をせずに請求する事務上のミスがあったので、返還するべきだと判断した」と説明した。
 今月1日に出された監査請求では、2010、11年度に購入したデジタルカメラ3台のうち2台などが目的外支出にあたるとして計約35万円の返還を求めている。野田市議は「監査請求が出されて、デジタル機器は案分して請求することに気づいた」と話し、監査請求にはなかったパソコンやファクス機などの代金も含めて費用の全額を返還したという。案分後の差額ではなく全額を返還したことについては「案分の割合が難しく、全額を返す方がすっきりするから」と話した。15日に収支報告書の減額修正を市議会事務局に提出し、19日に納付した。
 監査委員事務局によると、返還請求のあった全額が返還されたことから、監査請求は29日の監査委員会議で却下される見通し。
 監査請求人である同市の会社員石塚雄信(たかのぶ)さん(44)は「なかったことにするのは許せない。返したということは不正を認めたことになる」と話した。
 野田市議は7月にも、架空請求の疑いを指摘された政務調査費約134万円を返還している。(以上(2012年11月23日15時54分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121123-OYT1T00400.htm

 野田豚の弟、野田剛彦が、政治資金規正法に違反する金を返還して、頬被りしていることが明らかになった。
 まあ、野田豚も違法献金を返還したと大きな顔をしているので、兄弟良く似たものだと思うが、バレたから返還するでは物事の道理に背く行為だ。政治資金規正法も、野田剛彦のように、監査請求が行われて返還することを認めるべきではない。あくまでも、政治資金収支報告書の修正は、他から指摘される前に限るべきであり、他から指摘があったカネについては、修正を認めず、政治資金規正法違反として処理するべきだ。
 「政治とカネ」と言う問題が、民主党政権を通ししてずっとあったが、民主党政権は何も手を打たなかった。野田豚も、違法献金を返金したから無罪放免ではなく、カネに汚い議員として、船橋市の有権者は判断するべきだ。(No.3488-6)

|

« 詐欺師から人と呼ばれぬ離党組 | トップページ | 多数決取らぬ民主の民主主義 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56179191

この記事へのトラックバック一覧です: 誤魔化して返せば済むという野田家:

« 詐欺師から人と呼ばれぬ離党組 | トップページ | 多数決取らぬ民主の民主主義 »