« 民主党党と政府で仲間割れ | トップページ | 成立の当て無い法を考える »

外交をやった気になる立ち話

野田首相が韓国首相と立ち話「日韓間に個別問題ある」
 【ビエンチャン=比護義則】政府は6日午前(日本時間同)、野田佳彦首相が5日夜に開かれたアジア欧州会議(ASEM)に参加中の各国首脳の夕食会で、韓国の金滉植首相と立ち話をしたことを明らかにした。
 野田、金両首相は日韓間に個別問題があることを認めたうえで、日韓関係が重要であるとの基本認識で一致した。韓国が日本の竹島(島根県)を実効支配している現状が両国間の問題点となっていることを認めたものだ。(以上(MSN産経ニュース2012.11.6 14:20)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121106/plc12110614220007-n1.htm

 野田豚が、南朝鮮の金首相と立ち話をしたそうだ。
 立ち話程度で新聞記事になるのだから、民主党外交というものは存在しないのと変わらない。普通ならば、国際会議もさることながら国際会議に参加することは各国首脳と首脳会談するのが普通の姿だ。しかし、野田豚は利害関係のない諸外国とは首脳会議を開催して、バラマキをやっているが、解決しなければならない日韓、日中の首脳会議もセッティングしていないと言うのだから、政府専用機で行く必要も無い体たらくだ。さらに、「韓国が日本の竹島(島根県)を実効支配している現状が両国間の問題点」と認めたというのだが、これまた、これまでの野田豚の前科を見ると自分の都合の良い解釈をしただけではないだろうか。
 野田豚としては、汲々とした国会からしばしの休養のつもりぐらいでASEMに出席しているようだが、税金の無駄遣い以外の何物でもない。(No.3471-3)

|

« 民主党党と政府で仲間割れ | トップページ | 成立の当て無い法を考える »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56056518

この記事へのトラックバック一覧です: 外交をやった気になる立ち話:

« 民主党党と政府で仲間割れ | トップページ | 成立の当て無い法を考える »