« 首脳会談なしでどうして議論する | トップページ | 民主党党と政府で仲間割れ »

前原の屁理屈裁判で聞きたい

前原氏、区域外の新聞代支出も「問題ない」
記者会見する前原誠司国家戦略相=6日午前、内閣府(酒巻俊介撮影)
 前原誠司国家戦略担当相は6日午前の記者会見で、自らの政治団体「まえはら誠司東京後援会」(東京都江東区)が江東区で宅配業務をしていない千代田区の新聞販売店に新聞代を支払っていたことについて「議員会館(千代田区)での購読だが、東京後援会の業務を行うため」として、問題はないとの認識を示した。
 政治資金収支報告書で新聞代を「備品・消耗品費」ではなく、「事務所費」として支出していたことについては「東京後援会の方が来て見られる『来客用』として購入した場合は、事務所費でもよいと解釈した」と説明。秘書宅を「主たる事務所」として届け出て事務所経費を計上したことも含め「問題ないと考えている」と述べた。(以上(MSN産経ニュース2012.11.6 11:35)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121106/stt12110611370003-n1.htm

 言うだけ番長・前原誠司の実態のない事務所経費を政治資金収支報告書に記載したことから、どんどん派生して、後援会の新聞も実態のない東京事務所が支払っていたことが分かった。
 言うだけ番長・前原誠司の言い訳は、問題ないと言っているが、これも言うだけ番長の話なので、話半分所か信頼するに値しない話だ。言うだけ番長・前原誠司は外相時に在日からの違法献金問題が出ただけで直ぐに辞任したが、今度は、輿石ミイラに洗脳されたのか居座りを決めたらしい。
 前原の言い分が正しいか否かは、裁判所の判断を待つしかないだろう。しかし、判決が下りる前には、京都府2区の有権者の良識さえあれば、国会議員ではなくなっているだろう。(No.3471)

|

« 首脳会談なしでどうして議論する | トップページ | 民主党党と政府で仲間割れ »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56056509

この記事へのトラックバック一覧です: 前原の屁理屈裁判で聞きたい:

« 首脳会談なしでどうして議論する | トップページ | 民主党党と政府で仲間割れ »