« 仙谷の戯言に付き合う義務はなし | トップページ | メールなら罰せられないストーカー »

解散に突如出てきたTPP

首相、年内解散を検討…TPP参加表明の直後に
 政局の焦点である衆院解散・総選挙の時期を巡り、野田首相が環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加を表明し、その直後に衆院解散に踏み切ることを検討していることが8日、わかった。
 複数の首相周辺や民主党幹部が明らかにした。11月下旬から12月中旬に解散し、投開票日は12月中か年明けの1月が有力だ。首相は、TPP参加に慎重な自民党との違いを際立たせ、衆院選の対立軸にできると判断しており、早ければ月内の参加表明を探っている。TPP参加に反対する民主党議員の集団離党につながる可能性があり、政局は一気に緊迫の度合いを増しそうだ。
 首相が、解散を判断する環境整備に挙げる赤字国債発行を可能とする特例公債法案は、21日にも参院で可決、成立する見通しとなった。首相は同法案の成立後、TPP交渉参加表明と解散の時期について最終判断するとみられる。(以上(2012年11月9日03時06分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121108-OYT1T01763.htm

 野田豚が、懸案であったTPPの交渉参加を表明した上で、解散総選挙に踏み切るという情報が飛び出した。
 野田豚としては、TPP参加に慎重な自民党との差を出すために、参院選の焦点とする気らしいが、TPP参加となると、民主党予備軍の山田元無能農相などが民主党を飛び出す可能性もある。それでも、TPP参加を打ち出すことは、既に、野田豚が国際公約をやったことなので、海外にだけは約束を守る野田豚をアピールしたいのだろう。
 TPP参加を争点にするのは面白いが、そうなった場合、果たして民主党が党として存在しているのか楽しみだ。(No.3474-2)

|

« 仙谷の戯言に付き合う義務はなし | トップページ | メールなら罰せられないストーカー »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56077260

この記事へのトラックバック一覧です: 解散に突如出てきたTPP:

« 仙谷の戯言に付き合う義務はなし | トップページ | メールなら罰せられないストーカー »