« 外交も定見のない民主党 | トップページ | 国民の「誠司不信」は昔から »

石原も相手にしないのは亀井

「暴走老人、へたり込むだけ」 亀井氏、石原氏を皮肉る
 【今野忍】「『暴走老人』と言うけど、暴走もしていない。今のまま行ってもへたり込むだけだ」。かつて石原新党構想を唱えた亀井静香衆院議員は3日、東京都内で記者団にこう語り、新党を近く立ち上げる石原慎太郎前東京都知事を皮肉った。
 亀井氏は、石原氏には近いが、新党には不参加。その石原氏が日本維新の会代表の橋下徹大阪市長との連携を探っていることについても「当面の政治課題を棚上げして、統治機構(改革)がどうだというのは逆立ちだ」とし、「市長風情に持ち上げられ、まな板で料理されるだけだろう」と語った。(以上(朝日新聞2012年11月3日19時34分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1103/TKY201211030317.html

「亀井氏は精神衰弱者みたい」=石原氏
 石原慎太郎前東京都知事は4日、フジテレビの番組で、亀井静香前国民新党代表について「言うことが分からなくなってきた。精神衰弱者みたいなところがあって」と述べた。 石原、亀井両氏は一時、新党結成を目指して意見交換を重ねてきたが、現在は関係が冷え込んでいる。石原氏が結成する新党についても、亀井氏は、石原氏から参加を要請されたものの、断ったことを明らかにしている。(以上(時事ドットコム2012/11/04-19:35)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012110400167

 糞民新党からも相手にされずに蹴り出された亀井静香に、『暴走老人』云々と揶揄された石原慎太郎だが、亀井静香を称して「精神衰弱者みたい」とエールを返したらしい。
 郵政の権化であった亀井静香が、糞民新党を追い出されても頼りにしていたのは、石原新党だ。しかし、全く相手にされなかったようで、頭に来ているらしい。どちらにしても、亀井静香の政治屋生命は絶たれたと同じことだ。かと言って、新党も既成政党も亀井の首を狙うのは最後のことだろう。亀井静香の存在などどうでも良い所まで落ちているのだ。
 政界再生で、股座膏薬を狙って復活を果たそうとした亀井静香は、静かに政界を去るべきだろう。郵政民営化で、郵便局を横柄にしただけの亀井静香として、永遠にその悪行が歴史に残ることだろう。(No.3469-5)

|

« 外交も定見のない民主党 | トップページ | 国民の「誠司不信」は昔から »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56048511

この記事へのトラックバック一覧です: 石原も相手にしないのは亀井:

« 外交も定見のない民主党 | トップページ | 国民の「誠司不信」は昔から »