« 国民の「誠司不信」は昔から | トップページ | 石原で維新の会が持ち直す »

輿石の思い届かぬ世論調査

野田内閣支持率、読売・共同ともに20%割り過去最低
  読売新聞は2012年11月5日付の朝刊で、2日~4日に実施した全国世論調査の結果を発表した。
   野田内閣の支持率は19%で、11年9月の内閣発足後最低となった。10月1~2日の前回調査では第3次改造内閣の発足直後で34%に回復していたが、15ポイントの急落となった。
   政党支持率は自民が前回から4ポイント下げて24%、民主が政権交代以降最低の11%。日本維新の会は3%、石原新党は1%だった。次期衆院選での投票先は自民が25%、日本維新の会が12%、民主が10%、石原新党が9%だった。
   共同通信も11月4日、3~4日に実施した全国電話世論調査の結果を発表した。野田内閣の支持率は10月の前回調査から11.5ポイント下がった17.7%で、こちらも政権発足後最低となった。(以上(J-CASTニュース2012/11/ 5 13:09)より引用)
http://www.j-cast.com/2012/11/05152675.html

 国賊・輿石ミイラは、牛歩戦術をやれば、国民が責めるのは野党で、民主党の支持率が上がると称して、何も決めない方針を貫いてきた。
 しかし、輿石ミイラが考えているほど国民はバカではないことが、世論調査の結果が示している。輿石の目論見が当たったならば、自民党、新党の支持率は凋落し、民主党の支持率が回復するはずだ。しかし、輿石ミイラの生兵法で、「戦をせずに勝つ」とほざいていたが、この戦法は、相手に対して圧倒的な兵力を持った時に使うのであって、籠城戦に使う戦法ではない。脳みそを抜き取った輿石ミイラが何を考えても、国民の利益になることでない限り、誰も相手にはしないだろう。
石原新党の結成によって、次期総選挙後の民主党議席が、これまでの予想の80議席からどこまで落ちるかがこれからの焦点になるだろう。(No.3470)

|

« 国民の「誠司不信」は昔から | トップページ | 石原で維新の会が持ち直す »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56049542

この記事へのトラックバック一覧です: 輿石の思い届かぬ世論調査:

« 国民の「誠司不信」は昔から | トップページ | 石原で維新の会が持ち直す »