« 成績が『良』と思っている枝野 | トップページ | 脱原発廃炉の後の知恵はなし »

EVは眼中にないお役人

超小型車、高速は走れません…1月に認定制度
 国土交通省は22日、軽自動車より小さい「超小型車」の認定制度を2013年1月に導入することを発表した。
 超小型車の利用を希望する自治体が、あらかじめ決めた公道に限って走行を認める。高速道路や制限速度60キロを超える一般道路は走れない代わりに、軽自動車よりも安全基準を緩める。超小型車は、近場を移動する高齢者や観光の足として普及が期待されており、各メーカーは電気自動車で試作している。基準の緩和で開発しやすくする。
 認定制度では、超小型車が走れる道を制限するのを条件に車両走行の安全基準などを定める道路運送車両法の一部基準を緩和する。地方運輸局が自治体からの申請を審査し、認定する。
 全長(3・4メートル以下)や全幅(1・48メートル以下)は軽自動車の規格と同じだが、乗車定員は大人2人以下か、大人1人子供2人とする。排気量は125cc以下と、軽(660cc以下)よりも大幅に少ない。(以上(2012年11月22日23時15分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20121122-OYT1T01322.htm

 国交省が、「超小型車」の認定制度を導入すると発表した。
 さすが、先を読めないお役人のお仕事というのが分かる仕様だ。超小型車を125cc以下のガソリンエンジンだけという発想が、お役人ならではと言えるだろう。超小型車ならば、それほど航続距離も不要なのでEVが主流になることは、一般常識のある人ならば分かるはずだ。それならば、EV車に対応したモーター出力の規定を設けることが必要だ。
 何をやっても後手後手にしか仕事のできないお役所仕事の典型が、「超小型車」のように思える。(No.3488-2)

|

« 成績が『良』と思っている枝野 | トップページ | 脱原発廃炉の後の知恵はなし »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56178879

この記事へのトラックバック一覧です: EVは眼中にないお役人:

« 成績が『良』と思っている枝野 | トップページ | 脱原発廃炉の後の知恵はなし »