« マニフェストいくら詰めても空手形 | トップページ | 成功と勝手に評価してる野田 »

給食で食わされた鯨の竜田揚げ

クジラの肉、もっと食べて! 在庫ありすぎ、学校給食にも売り込む
   政府が国策として進める調査捕鯨で捕獲したクジラの鯨肉が、個人向けの通信販売や居酒屋など外食産業のメニューとして、2013 年にも登場する見通しになった。学校給食のメニューとしても、本格的に復活する見通しだ。水産庁所管の財団法人で、調査捕鯨の実施主体「日本鯨類研究所」(鯨研)が、赤字が続く調査捕鯨の収支改善策として、新たに個人や外食産業のほか、学校給食向けに鯨肉の直接販売を始める方針を表明したからだ。
■調査捕鯨の赤字解消めざす
  調査捕鯨の鯨肉は現在、年間の消費量に匹敵する約4000トンの在庫を抱え、鯨研は累積赤字の解消を求められている。国内の鯨肉は調査捕鯨のほか、日本沿岸で小規模に捕獲される「小型沿岸捕鯨」と呼ばれる商業捕鯨の鯨肉が一部地域で流通しているが、居酒屋や学校給食のメニューとしては一般的ではない。水産庁と鯨研は、鯨肉を個人や居酒屋、学校給食に売り込むことで在庫を減らし、安定財源を得ることで調査捕鯨を継続する考えだ。今後、一般向けに鯨肉を売り込むPR活動などが始まるという。
  水産庁が鯨研に委託する調査捕鯨は、鯨研が調査後に解体した鯨肉を販売し、翌年の調査経費に充てることになっている。ところが鯨研の調査捕鯨は、鯨肉の販売不振で2005年度以降、赤字傾向が続いている。鯨研は鯨肉の販路拡大で3年後の2014年度に2011年度比5%(1億4800万円)の増収を目指すほか、老朽化した調査船の省エネ化や鯨肉生産の機械化などで10億円のコスト削減も行い、3か年で3億円の黒字達成を目指す。
■販路の縮小で販売不振
  日本はかつて資源調査の調査捕鯨でなく、クジラを販売目的の商業捕鯨として捕獲していた。ところが1982年、国際捕鯨委員会(IWC)が、シロナガスクジラなど絶滅が懸念される13種の大型鯨類の商業捕鯨を禁止。日本は1987年、商業捕鯨から撤退したが、鯨研が同年から南極海などで資源調査を目的に調査捕鯨を行っている。IWCは調査捕鯨を加盟国の権利として認めているほか、解体後の鯨肉の販売も認めているからだ。
  鯨研の調査捕鯨の経費は年間45億~50億円かかり、鯨研が解体後の鯨肉を販売し、翌年の調査費に充てている。鯨研の鯨肉販売額は、かつて50億~60億円あったが、近年は販路の縮小に伴う販売不振で2011年度は28億円に半減。2010年度に反捕鯨団体「シーシェパード」の妨害で調査捕鯨を中断した影響で、11億3306万円の赤字に転落した。農林水産省が赤字補填と妨害対策のため、東日本大震災の2011年度復興予算に約23億円を計上し、批判を浴びたのは記憶に新しい。
■環境保護団体は「調査捕鯨」を批判
  このため、鯨研は鯨肉の流通経路の縮小で入手が困難となっている居酒屋など飲食店向けに鯨肉を直販し、潜在需要を掘り起こす収支改善策をまとめた。かつて学校給食などで鯨肉を食べた一般消費者向けに高級商品を開発し、カタログ通販も行う。これまで調査捕鯨の鯨肉は流通が限られ、「和牛の中級クラス並み」と高価になったこともあり、居酒屋などでは一般的ではなかった。年間100トン程度の消費にとどまる学校給食では値下げなどで200トン程度と倍増を目指す。
  水産庁と鯨研は、2012年12月にも始まる今冬の調査捕鯨から3カ年で収支を抜本的に改善することを目指す。IWCに加盟国の権利として認められている調査捕鯨だが、実際に行っているのは世界で日本だけで、環境保護団体は「擬似商業捕鯨だ」と批判している。これに対して、商業捕鯨再開を目指す日本捕鯨協会は「世界の鯨類が食べる海洋生物の量は世界の漁業生産量の3~5倍に上る。クジラを間引くことで人間が魚を利用することができる」などと反論している。(以上(J-CASTニュース2012/11/18 10:00)より引用)
http://www.j-cast.com/2012/11/18153822.html

 政府は、財団法人日本鯨類研究所の存続のために、調査捕鯨をした後の鯨肉を給食で使おうとしていることが分かった。
 何が悲しくて、あの噛みきれない鯨の竜田揚げを給食に出さなければならないのだろうか。不味い鯨肉を強制的に給食で食わされた人間としては、そのような物をわざわざ給食にまで出さなくても良いではないかとしか思えない。鯨肉の消費が下がると言うことは、資源保護にも良いことであり、食べない鯨肉をわざわざ調査捕鯨という名目で取る必要のないのだ。さらに、民主党政権と輿石ミイラは、シーシェパード対策と称して、財団法人日本鯨類研究所の赤字補填として23億円もの復興費を横流ししているのだ。日本捕鯨協会は、鯨を間引くなどと違う理由をほざいているが、IWCの商業捕鯨の禁止は、鯨資源の保護であって、身勝手な理由だ。
 今の子供たちに、不味い鯨の竜田揚げまで食べさせて、財団法人日本鯨類研究所を存続させる意味は全く無い。(No.3483-4)

|

« マニフェストいくら詰めても空手形 | トップページ | 成功と勝手に評価してる野田 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56141390

この記事へのトラックバック一覧です: 給食で食わされた鯨の竜田揚げ:

« マニフェストいくら詰めても空手形 | トップページ | 成功と勝手に評価してる野田 »