« 建前を大義に沿って使い分け | トップページ | 国政と市政の区別さえ付かぬ »

政党の社民が終わる総選挙

社民・福島氏「首相は民主も人も愛していない」
 社民・福島党首「(衆院解散は)野田さんの個人クーデターだ。首相は民主党も愛していないし、人も愛していない。(自民党の安倍総裁と)勝手に2人で決めてしまった談合解散だ」(TBSの番組で)(以上(2012年11月19日17時27分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121119-OYT1T01068.htm

 定見も持たずに好き勝手ほざいている社民党・福島みずほに過ぎない輩が、総選挙に困ったのか、今回の解散を野田総理の個人クーデターと決めつけたようだ。
 やっと国民主権を行使する時が来ただけだ。阿部知子が逃げ出し、幹事長の重野安正は出馬できない状態の社民党であり、この総選挙で少なくとも一人は当選しないと政党要件を満たさなくなる。ついに社民党崩壊の日が近づいてきた。と言っても、民主党も他人事ではない。村山富市が総理になりたいがために、国民を裏切って自民党と手を結んだ旧社会党のなれの果てが、社民党なのだ。それと同じく、国民を裏切った民主党のあるべき姿は、今の社民党なのだ。
 社民党は、政党要件を満たさなくなる前に、党本部として使った社会文化会館を解体して、更地にした上で、国に返還するべきだ。(No.3484-4

|

« 建前を大義に沿って使い分け | トップページ | 国政と市政の区別さえ付かぬ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56152501

この記事へのトラックバック一覧です: 政党の社民が終わる総選挙:

« 建前を大義に沿って使い分け | トップページ | 国政と市政の区別さえ付かぬ »