« 総理の専権を侵す民主党 | トップページ | 太陽で枯れ木に花を咲かせよう »

有権者バカにしている落下傘

「党本部主導、落下傘候補も」民主広島の空白区
 民主党広島県連の常任幹事会が11日、広島市内で開かれた。
 和田隆志・県連代表は記者団に対して、次期衆院選の広島1、6区の公認候補が決まっていないことを明らかにし、今後は党本部と連携して候補擁立を目指す考えを示した。
 1、6区を巡っては、輿石幹事長が4日に来県した際、候補擁立の目標を11日としていた。和田代表は「幹事会では『努力が足りなかった』と申し上げた。党本部にも報告する」と述べた。
 これまで約30人に立候補を打診したが決まらなかったといい、中原好治幹事長は「今後の候補選びは、党本部主導の色が強まる。落下傘(候補)が来る可能性もある」と話した。(以上(2012年11月13日14時53分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121113-OYT1T00709.htm

 民主党広島県連が、次期総選挙の広島1、6区の後任候補が決まらないとして、党本部に丸投げし、党本部では有権者をバカにした落下傘候補を擁立するらしい。
 落下傘候補というが、広島に縁もゆかりもない民主党の有名人を持って来ようとも、返り討ちに遭うだけだ。例え、野田豚を広島で立候補させても落ちることは目に見えている。有権者は、嘘にまみれた民主党政権を見放しているので、どんな輩を立てようとも民主党に入れる程バカではあるまい。民主党県連で30人に打診しても誰も受け手がいないことを民主党本部は認識するべきだろう。
 広島に落下傘候補を立てるのであれば、国の利益も考えずに党利党略に走る輿石ミイラを参院からの鞍替えで出して欲しいとさえ思う。(No.3478-4)

|

« 総理の専権を侵す民主党 | トップページ | 太陽で枯れ木に花を咲かせよう »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56110970

この記事へのトラックバック一覧です: 有権者バカにしている落下傘:

« 総理の専権を侵す民主党 | トップページ | 太陽で枯れ木に花を咲かせよう »