« マニフェストよりもどぶ板優先す | トップページ | 献金も民主のように外す箍 »

橋下は影で暴れるいじめっ子

橋下氏「石原総理見たい…その下で僕が暴れる」
 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は19日、衆院解散後初めての街頭演説を地元・大阪からスタートし、4会場で声を張り上げた。17日に太陽の党と合流し、石原慎太郎代表を迎えたばかり。「石原総理を見たい」と訴える橋下氏に、聴衆からは「二枚看板で実行力が期待できる」「政策が一致しなければ、崩壊するのでは」と賛否が半ばした。
 午後1時半、大阪府高槻市のJR高槻駅前でマイクを握った橋下氏は早速、過激な「橋下節」で聴衆を沸かせた。
 「市長も知事も経験していない議員が、国家運営なんてできるわけない。国会議員、大型バイクを乗る前に、まず自転車乗れよ」
 同市の無職女性(78)は「大阪でやった改革を国政でもやり遂げてほしい。そのためにも、まずは政党を大きくすることが必要で、石原さんとタッグを組むことは大賛成」と拍手を送った。
 演説では、「市長のまま国会議員になれるなら、来年の参院選に挑戦したい」との発言も飛び出したが、現在の法律では、首長と国会議員の兼務は認められていない。聴衆の一人は「市長を辞められないから、国会議員をまとめる強いリーダーとして石原氏を迎えたのだろう」と、太陽の党との合流の狙いを推測した。
 同府茨木市の阪急茨木市駅前では、橋下氏は「石原総理を見てみたい。その下で僕や若い実働部隊が大暴れして日本を立て直したい」と2大看板をアピール。
 ただ、原発政策など石原氏との政策の違いを棚上げしての合流という印象はぬぐえず、同府吹田市の女性パート従業員(53)は「政策が一致していないことに疑問を抱くメンバーもいるはず。今、民主党で起きているような崩壊劇が維新の会でも起きるのではないか」と冷ややかだ。(以上(2012年11月20日09時23分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121120-OYT1T00347.htm

 日本維新の会の橋下徹は、石原慎太郎を担いで、民主党の仙谷由人や輿石ミイラのように裏で好きかってしたいとほざいたそうだ。
 また、橋下徹は、日本維新の会が政権を取って、公職選挙法を改正して地方の首長と国会議員を兼務できるようにでもするつもりなのだろうか、来年の参院選に出馬したいなどとほざいているが、大阪市長とはそんなに片手までできる仕事なのだろうか。有権者をバカにしすぎている。さらに、大暴れしてというが、市政をそっちのけで、国政に口だけ挟もうと身勝手な夢を描いているようだ。
 カメレオンのように発言がころころ変わる橋下徹に信念というものが有るのだろうか?頭を下げたら何でも許されると思ったら大間違いだ。(No.3485-4)

|

« マニフェストよりもどぶ板優先す | トップページ | 献金も民主のように外す箍 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56155259

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下は影で暴れるいじめっ子:

« マニフェストよりもどぶ板優先す | トップページ | 献金も民主のように外す箍 »