« 経済は野田の力じゃ直らない | トップページ | 副総理一貫性のない配慮 »

ちびっ子が選挙制度をこね回す

選挙制度、来週にも法案提出=安住氏
 民主党の安住淳幹事長代行は2日の記者会見で、衆院の「1票の格差」是正を柱とする選挙制度改革について「再来週あたりから委員会で議論しないと間に合わない」と述べ、来週中の関連法案提出を目指す考えを示した。安住氏は、党政治改革推進本部(本部長・安住氏)が近く開く会合で私案を提示する。 
 民主党は先の通常国会で、(1)格差是正のため小選挙区を「0増5減」(2)比例代表定数40削減(3)小選挙区比例代表連用制の一部導入-を盛り込んだ法案を提出。しかし、野党の反発で廃案となった。
 野田佳彦首相は2日の国会答弁で格差是正と定数削減について「同時に結論を得るべきだ」と発言したが、野党の多くは0増5減の先行処理を求めている。安住氏は私案の内容について「首相の意向を受けて今国会中に決着をつけたい」と述べるにとどめた。(以上(時事ドットコム2012/11/02-21:21)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012110200986

 民主党執行部内では、選挙制度については、無知無能の権化樽床伸二から、ちびっ子ギャング・安住淳にバトンタッチされたらしい。
 安住淳のガキの脳みそで、あれこれ考えても矛盾だらけなので、余計なことは入れ込まないで「0増5減」だけ決めて、選挙制度の根本は次の政権に任せるべきだ。「0増5減」の法案ならば、今すぐにでも国会に提出できるはずだが、ちびっ子ギャング・安住淳は再来週などと寝言を宣っているだけだ。どうせ、野田豚政権が倒れれば、安住淳が生きている内に、安住淳が政治を動かせる立場になることは皆無なので、ここで、出しゃばって目立ちたいだけだろう。
 宮城県5区の有権者は、震災直後の安住淳の「ガソリンプール」発言を忘れてはならない。ガキの脳みそしか持っていない安住淳を国政の場に出すことを恥ずかしいことと思わなければならない。(No.3468-3)

|

« 経済は野田の力じゃ直らない | トップページ | 副総理一貫性のない配慮 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56033732

この記事へのトラックバック一覧です: ちびっ子が選挙制度をこね回す:

« 経済は野田の力じゃ直らない | トップページ | 副総理一貫性のない配慮 »