« 菅直人まだ政治屋をやっている | トップページ | 弱腰の外交認め先送り »

第4極の党首に何でも反対派

嘉田由紀子知事が党首?生活・脱原発合流へ調整
 「国民の生活が第一」(小沢一郎代表)と新党「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(共同代表・山田正彦元農相、河村たかし名古屋市長)は、脱原発の第3極勢力を結集する新党結成に向けた調整に入った。
 「みどりの風」(共同代表・谷岡郁子参院議員ら)にも参加を呼びかけている。原発再稼働に慎重な姿勢をとってきた嘉田由紀子滋賀県知事を党首に迎える案が出ており、嘉田氏の動向が焦点だ。
 嘉田氏は26日夕、記者団に対して態度を表明する予定だ。関係者によると、嘉田氏はすでに「脱原発」の河村氏らと東京都内で会談し、原発政策などをめぐって意見交換した。河村氏は、新党が結成された場合、嘉田氏に党首に就任するよう打診したという。嘉田氏は、党首に就任した場合でも知事を辞職しない考えという。周辺では、新党の名称を「日本未来の党」とする案が出ている。
 脱原発の小泉俊明前衆院議員は26日朝のフジテレビの番組で、「別々の政党では、選挙戦は事実上できない。新しい党にひとつになるという方向を目指していきたい」と述べ、3党合流に意欲を示した。「みどりの風」の谷岡氏も同番組で、合流について「連携の必要性がある」として、検討する考えを明らかにした。(以上(2012年11月26日15時14分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121126-OYT1T00573.htm

 維新の会に後ろ足で砂をかけられた減税日本と守銭奴・小沢一郎率いる国民の生活が第一とが、何でも反対で滋賀県知事に当選した嘉田由紀子を担ぎ上げることを考えているらしい。
 「何でも反対党」とでも命名すれば、名は体を表す見事な党名ができると思う。嘉田由紀子は、社民党の支持を受けていることだから、ついでに、何でも反対の元祖・社民党も仲間に入れたらよいのではないだろうか。反対を唱えていれば済む話ではない。原発を止めても、福島第一原発のようなことが起これば、時間に余裕があるだけで全く同じことが起こる可能性があるのだ。単に、脱原発ではなく、原発を完全な廃炉にして、安全が保たれるようにする道筋を示すべきだ。
 まあ、どんなに間違っても政権など取れないから、昔の社会党のように反対をしていれば済むというお気楽な党ができそうだ。(No.3490-5)

|

« 菅直人まだ政治屋をやっている | トップページ | 弱腰の外交認め先送り »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56196383

この記事へのトラックバック一覧です: 第4極の党首に何でも反対派:

« 菅直人まだ政治屋をやっている | トップページ | 弱腰の外交認め先送り »