« 大臣のどこ探しても無い矜持 | トップページ | 橋下のやり方朝鮮と変わらない »

前原を誰も止めずに不快感

衆院解散の前原氏発言、野田首相が不快感
 野田佳彦首相は22日、「日本維新の会」の松野頼久国会議員団代表と会談。
 前原誠司国家戦略担当相の衆院解散をめぐる21日の発言について、松野氏が「閣僚が解散について言うのはいかがなものか」と述べると、「私もそう思う」と応じ、強い不快感を示した。松野氏が記者団に明らかにした。(以上(MSN産経ニュース2012.10.22 15:48)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121022/plc12102215490007-n1.htm

輿石氏「解散は首相判断」と強調 前原氏発言へ不快感
 民主党の輿石東幹事長は22日午後の政府・民主三役会議で、前原誠司国家戦略担当相が公債発行特例法案などの懸案が解決すれば、野田佳彦首相が年内の衆院解散に踏み切るとの見方を示したことに不快感を表明した。「解散はあくまで首相が判断する。他の者がいくら言っても関係ない」と強調した。
 これに先立ち、藤村修官房長官も「解散を決めるのは首相だけだ。(政府内で解散時期の認識を)共有するような話ではない」と述べた。
 首相が19日の自民、公明両党との3党首会談で公債法案成立など三つの課題への協力を求めたことに関し、解散を判断するための環境整備にすぎないとの認識を表明。(以上(2012/10/22 14:41【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012102201001448.html

 21日の言うだけ番長・前原誠司の放言について、野田豚も輿石ミイラも不快感を示したというのだから、あなたは何者と聞きたくなる。
 言うだけ番長・前原誠司の放言は今回に限ったことではない。無知無能の官房長官・藤村修も不快感を示して他人事のような記者会見を開いたが、言うだけ番長・前原誠司の放言を聞かされる国民の方が余程か不快だ。と言うより、前原が個人的発言をしただけで不快なのだ。
 民主党は、言うだけ番長・前原誠司の口を縫合して、何もしゃべられなくさせるだけ力を持った奴はいないのだろうか。(No.3456-2)

|

« 大臣のどこ探しても無い矜持 | トップページ | 橋下のやり方朝鮮と変わらない »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55949150

この記事へのトラックバック一覧です: 前原を誰も止めずに不快感:

« 大臣のどこ探しても無い矜持 | トップページ | 橋下のやり方朝鮮と変わらない »