« 橋下のやり方朝鮮と変わらない | トップページ | 悪事がばれると体調が悪くなる »

前原誠司の妄想が止まらない

前原「年内解散」発言、「総辞職狙い」とうがった見方も
 「年明けに解散したら、『近いうち』じゃない」-。前原誠司国家戦略担当相のこの正論が政府・民主党内に波紋を広げている。「臨時国会で審議拒否も辞さない構えの自公両党への誘い水」と評価する声もあるにはあるが、多くの議員は前原氏の発言に別の意図をかぎとる。解散できない野田佳彦首相に圧力をかけ、退陣を促そうという「野田降ろし」を意図した発言だという見方だ。
 前原氏は22日も神戸市内で記者団に、「私の考えは変わっていない」と強調した。その上で、「(首相が解散の)時期を明示できない気持ちはよくわかる」とも述べた。
 先の民自公党首会談で、首相は「近いうち」としてきた解散時期を確約しなかった。「年内解散」を求めてきた自公両党はこれに反発し、臨時国会での特例公債法案の成立に赤信号が灯っている。だからこそ、「首相も内心では年内解散を考えている」というメッセージを発信したと、前原氏は言いたかったようだ。
 しかし、前原氏の狙いは首相にまったく理解されなかった。首相は22日、「日本維新の会」の松野頼久国会議員団代表から、「閣僚が解散について言うのはいかがなものか」と水を向けられると、「私もそう思います」と不快感をにじませた。
 政府・民主党幹部も前原発言の火消しに追われた。藤村修官房長官は記者会見で「個人的な話だ」と突き放し、輿石東幹事長も「解散は首相が判断するものだ。他の者が言ってもまったく関係ない」と言い放った。
 前原氏のアシスト行為は単なる「ありがた迷惑」でしかなかった。
 しかも前原氏は凌雲会という党内最大グループを率いる長だ。「ポスト野田」の有力候補でもある。だからこそ「『近いうち』は年内」という当たり前の発言が別の意味に受け止められているのも事実だ。
 「総辞職をあおっている。自分が首相になれば衆院選で少しでも民主党を救えると思っているはずだ」
 ある凌雲会メンバーはこう語る。年内解散が現実味を増せば、野田首相で衆院選は戦えないとの声に拍車がかかり、首相交代論が強まるとの見立てだ。
 「野田降ろし」が吹き荒れれば解散は遠のき、自公両党は反発する。国会は空転し、内閣支持率は一層低下-。首相にとってはまさに悪夢のシナリオだ。(坂井広志、力武崇樹)(以上(MSN産経ニュース2012.10.23 00:00)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121023/stt12102300030000-n1.htm

 野田豚と輿石ミイラが不快感を示した言うだけ番長・前原誠司の「年内解散」がひとり歩きしている。
 それは、野田豚に内閣総辞職をさせて、言うだけ番長・前原誠司が総理の座に着くと言うものだ。言うだけ番長・前原誠司がこのような妄想を抱いていたとすれば噴飯物だが、思考回路が単細胞の前原誠司なら考えそうなことだと誰もが思うことだろう。もし、前原が総理になって民主党の支持率がV字回復して、解散総選挙をやっても民主党圧勝となるのならば、先の民主党代表選挙で、言うだけ番長・前原誠司は野田豚支持を示さず、民主党のために私が総理をやりますと代表選に出馬していれば良かったのだ。まさか、言うだけ番長・前原誠司は、野田豚内閣総辞職、民主党代表再選挙などのセレモニーで政治空白をまた作るという考えなのだろうか。野田豚で総選挙を戦えないのは世論調査でも分かっていながら、野田豚を支持したのは言うだけ番長・前原誠司だ。民主党も、総理を言うだけ番長・前原誠司に代えて総選挙が戦えると考えるのならば、サッサと野田豚を引きずり下ろして、前原誠司を総理にすれば良いことだ。
 前原誠司の記事を見る度に、不快になる国民のことを考えたことがあるのだろうか。前原など八ッ場ダムでもう終わっているのだ。(No.3456-4)

|

« 橋下のやり方朝鮮と変わらない | トップページ | 悪事がばれると体調が悪くなる »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55954655

この記事へのトラックバック一覧です: 前原誠司の妄想が止まらない:

« 橋下のやり方朝鮮と変わらない | トップページ | 悪事がばれると体調が悪くなる »