« 殊の外カネに汚い民主党 | トップページ | 犯罪者田中もメリーゴーランド »

約束は期限が過ぎて守る野田

「近いうち」解散、首相は約束守る…前原氏
 前原国家戦略相は6日午前の読売テレビの番組で、野田首相が自民、公明両党に約束した「近いうち」の衆院解散について、「(首相は)約束をたがえる人ではない。言ったことは守る人だ」と述べた。
 政府・与党内で秋の臨時国会の見送り論が出ていることには、「何のために我々が与党をやらせてもらっているのか。(見送りは)ありえない」と語った。
 一方、自民党の石破幹事長は同じ番組で、「野田首相が『近いうちに必ず国民の信を問う』と言い、それでは1票の格差是正と特例公債法案をやりましょうというのが、わかりやすい」と述べた。解散の約束と引き換えに、「1票の格差」是正を含む衆院選挙制度改革の法案と、赤字国債発行を可能とする特例公債法案の成立に協力する考えを示したものだ。石破氏は首相が解散を確約すれば、特例公債法案などへの賛成を「約束する」と明言した。(以上(2012年10月6日11時26分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121006-OYT1T00403.htm

 野田豚を代弁して言うだけ番長・前原誠司が、「近いうち」解散を守ると断言した。
 言うだけ番長・前原誠司だけでなく、野田豚も松下売国・スパイ養成塾出身者とあって、放言はし放題、都合が悪くなると黙りを決めるという松下幸之助の遺訓なのかは知らないが、約束を守る守るとほざいても、決して納期を守ると言うことはしない輩だ。期限を守らない奴に、約束を論じる資格はない。輿石ミイラの影に隠れて、臨時国会の先送りしか考えていない野田豚は、総理としての資格など皆無だ。国民生活を人質にするのならば、来年の衆議院任期満了まで、国会を開かずに民主党政権の延命を謀ればいいのだ。国会を開けば、樽床伸二、田中慶秋とカネにまみれた大臣が矢面に立つことは必至だ。「政治とカネ」で小沢一郎を責める資格など民主党にはないのだ。
 野田豚は、何をやっても民主党に風が吹くことなど皆無だと早く悟って、最後の出陣をするべきだ。(No.3439-4)

|

« 殊の外カネに汚い民主党 | トップページ | 犯罪者田中もメリーゴーランド »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55824370

この記事へのトラックバック一覧です: 約束は期限が過ぎて守る野田:

« 殊の外カネに汚い民主党 | トップページ | 犯罪者田中もメリーゴーランド »