« 民主党崩壊を待っている自民 | トップページ | 劇薬を野田が使える訳がない »

復興に復興相が使えない

復興予算に「流用」疑惑=被災地優先へ基準見直し-政府
 17兆円に上る東日本大震災の復旧・復興予算が、被災地の再建という本来の目的とはかけ離れた事業に充てられているとの疑惑が広がっている。平野達男復興相が記者会見で「正直に言って使い道としていかがなものか」と疑問を呈し、政府内にも「流用」「便乗」を批判する声もある。財務省は補助金の認定基準などを被災地優先に改める検討に入った。
 岩手、宮城の両県では巨大津波などで発生したがれきの約8割が放置され、福島県では東京電力福島第1原発周辺地域の除染作業が緒に就いたばかり。予算執行の大幅な遅れに対する被災地の不満は強い。
 その一方で、2012年度の復興予算では独立行政法人「日本原子力研究開発機構」の核融合発電研究に42億円が計上された。防災の名目で被災地以外の道路整備や税務署の耐震化工事にも復興経費が充てられている。
 さらに、11年度第3次補正の復興経費として5000億円が計上された工場立地補助金は、被災地以外での工場建設にも支出された。中小企業向けの円高対策という側面もあるが、被災者には釈然としない思いがくすぶる。
 これを受けて、平野復興相は13年度予算編成では「震災の復旧・復興に直結するものに充てるとの観点から厳しく見直す」と表明。財務省も「被災県以外は後回しにするなど国民目線で見ることが重要だ」(藤田幸久財務副大臣)と、予算査定で被災地を優先する姿勢を示した。(以上(時事ドットコム2012/09/29-15:35)より引用)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012092900205

 復旧・復興予算のシロアリ官僚による搾取が、クローズアップしている。
 しかし、復興相の無知無能の平野達男は、自分が決裁しながら「正直に言って使い道としていかがなものか」などとほざいているのだから、本当に予算の必要な被災地にカネが回るはずもない。平野達男は、まず、核融合研究や、防災名目で道路整備や税務署の耐震化工事を認めたいきさつを自分で説明する必要がある。まして、来年度予算では見直すなど何をいったい考えて仕事をしているのだろうか。そして、核融合研究など被災地復旧・復興とは縁遠いことへの支出は、復興予算からではなく民主党が自腹で責任を持って支払うべきであり、これこそ政治責任というべきことだ。
 野田豚は、懲りずに平野達男を復興相に留任させようとしているが、その責任は、全て民主党が金銭的にも賠償する気が無いのならば、止めておくべきだ。(No.3434-2)

|

« 民主党崩壊を待っている自民 | トップページ | 劇薬を野田が使える訳がない »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55788483

この記事へのトラックバック一覧です: 復興に復興相が使えない:

« 民主党崩壊を待っている自民 | トップページ | 劇薬を野田が使える訳がない »