« 小沢氏に言われたくないマニフェスト | トップページ | 解散に開き直っている岡田 »

一ヶ月辛抱するという民主

臨時国会「11月30日まで」 民主党幹部
 民主党幹部は20日、今月29日に召集する臨時国会の会期について、11月30日までの33日間とすることで調整する方針を明らかにした。11月中に国会を閉じることで12月の予算編成に集中したい考えで、22日に開く政府・民主三役会議で正式決定する。
 ただ、自民、公明両党との党首会談が決裂し、冒頭から審議拒否の可能性もある中、特例公債法案や衆院選挙制度改革法案を会期内に成立させられるかは不透明だ。民主党幹部は「特例公債法案が成立しなけばどうなるかわからない」とも述べ、審議の状況次第で会期延長を検討する考えを示した。(以上(朝日新聞2012年10月20日11時18分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1020/TKY201210200159.html

 3党首会談がご破算になった民主党だが、延命のために臨時国会も開催しないと揶揄されていることの責任逃れに1か月ほど臨時国会の開催を決めたらしい。
 と言っても、野党の協力が得られない以上、国会が空転するだけの可能性が高い。そうなった場合、野田豚としては、野党が協力しないから国会が空転し、悪いのは野党だと民主党の支持率が急上昇を描くと考えているようだ。そのために、1か月何があっても、知らぬ存ぜぬで国会を乗り切る気なのだろう。
 果たして、国民は民主党が考えているほどバカなのだろうか?(No.3454-4)

|

« 小沢氏に言われたくないマニフェスト | トップページ | 解散に開き直っている岡田 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55933634

この記事へのトラックバック一覧です: 一ヶ月辛抱するという民主:

« 小沢氏に言われたくないマニフェスト | トップページ | 解散に開き直っている岡田 »