« 変節に滋賀県知事も社民党 | トップページ | 返り討ち遭うのは知れている刺客 »

時間を掛けて無駄の精査をする民主

原子力委の組織改編、年内に結論…前原氏方針
 前原国家戦略相は16日の閣議後記者会見で、内閣府原子力委員会の今後のあり方を検討する有識者会議を設置し、組織改編について年内に結論を出す方針を明らかにした。
 政府は9月、2030年代の原発稼働ゼロを盛り込んだ「革新的エネルギー・環境戦略」を公表。原子力委については「あり方に関する検討の場を設け、組織の廃止・改編も含めて抜本的に見直す」としていた。近藤駿介・原子力委員長と委員4人は、いずれも年末年始に任期が切れるため検討が急がれていた。(以上(2012年10月16日13時22分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121016-OYT1T00709.htm

 言うだけ番長・前原誠司が、お払い箱になった原子力委員会の今後についてどうするかという結論を年内に出すとほざいたらしい。
 民主党は脱原発と方針を決めた以上、原発を推進する原子力委員会など要らないはずだ。それも、原発推進側だけを集め秘密会合を開いてこっそり方針を決めるような委員会など無用の長物だ。前原誠司は、原子力委員会のあり方について抜本的に見直すとほざいているが、民主党の方針が正しいのであれば、組織の廃止以外の答えはないはずだ。
 既得権益を守ろうとする官僚との戦いなのかも知れないが、「政治主導」のかけ声だけでなく、最後ぐらい実践して見せたらどうなのだろうか。前原誠司も放言ばかりではなく、一つぐらい実績を出しても良いのではないだろうか。(No.3450-3)

|

« 変節に滋賀県知事も社民党 | トップページ | 返り討ち遭うのは知れている刺客 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55909199

この記事へのトラックバック一覧です: 時間を掛けて無駄の精査をする民主:

« 変節に滋賀県知事も社民党 | トップページ | 返り討ち遭うのは知れている刺客 »