« 速やかに進めたことのない総理 | トップページ | 支持率はご祝儀さえも無い総理 »

特捜部どうして菅が許される

菅前首相を不起訴 資金管理団体の献金問題 東京地検
 菅直人前首相の資金管理団体「草志会」が、日本人拉致事件容疑者の長男が所属する政治団体「市民の党」の派生団体に6250万円を献金していた問題をめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪での菅前首相への告発について、東京地検特捜部が不起訴としたことが7日、関係者の話で分かった。処分は5日付。
 告発状によると、草志会は平成19年、市民の党の派生団体「政権交代をめざす市民の会」に、5千万円を8回に分けて献金。収支を時系列で並べると、帳簿上、草志会の資金残高が一時マイナスになっていた。告発した市民団体は「マイナスでの現金支出はありえない。記載すべき収入を記載していないことになり、規正法に抵触する」などとしていた。告発状は昨年8月に提出され、特捜部が捜査を進めていた。
 市民の党には、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男が所属。長男は昨年の東京都三鷹市議選に立候補したが、落選した。(以上(MSN産経ニュース2012.10.8 10:25)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121008/crm12100810260003-n1.htm

 無用の長物となった東京地検特捜部が、歩く国賊・菅直人の政治資金規正法違反(虚偽記載)罪での菅前首相への告発について不起訴処分としたことが分かった。
 しかし、東京地検特捜部はなぜ、歩く国賊・菅直人を不起訴処分にした理由は明かしていない。まして、歩く国賊・菅直人本人の事情聴取さえしたというメディア報道はない。何を持って、東京地検特捜部は歩く国賊・菅直人を不起訴処分にしたのだろうか。
 歩く国賊・菅直人を起訴まで持って行くことの出来ない東京地検特捜部など、変なプライドの塊以外の何物でもないのだから、今すぐ廃止するべきだ。(No.3441-5)

|

« 速やかに進めたことのない総理 | トップページ | 支持率はご祝儀さえも無い総理 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55845326

この記事へのトラックバック一覧です: 特捜部どうして菅が許される:

« 速やかに進めたことのない総理 | トップページ | 支持率はご祝儀さえも無い総理 »