« 股座膏薬が民主を離れない | トップページ | 約束は破り責任は転嫁する »

組織的動きができぬ民主党

民主・有田議員が訪朝…「相談なく残念」と外相
 民主党の有田芳生(よしふ)参院議員(比例)が北朝鮮・平壌を訪問したことが24日分かった。
 有田氏の事務所によると、有田氏は「政治、経済状況の視察」として22日に中国・北京を訪問した後、23日に平壌入りした。27日に帰国の予定だ。政府は北朝鮮への渡航自粛を求めており、玄葉外相は24日の記者会見で「政府・与党に相談なく、与党議員が訪朝するのは残念だ」と不快感を示した。
 北朝鮮からの引き揚げ者でつくる「全国清津(せいしん)会」も23日、墓参などのため平壌入りしている。同会は24日、「(有田氏から)同行要請はあったが、諸般の事情から固くお断りした」とのコメントを発表した。(以上(2012年10月25日06時38分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121024-OYT1T01346.htm

 民主党の有田芳生が、何様のつもりか知らないが、平壌を訪問したことが明らかになった。
 民主党というアホの塊は、組織的な動きが全くできず、目先の功名を狙った個人プレーしかできない輩の集団だ。日本国政府として、北朝鮮に対してどういう方向性で対話するかを決めて、それに対していろいろなアプローチがあるというのなら分かるが、有田芳生のような個人プレーは、日本国の外交に泥を塗るだけで、百害あって一利なしだ。その上、党所属議員が逃げ出したら困るので、まともな対応ができず、放置したままだ。そして、日本の国益が逃げていくだけだ。
 民主党は、有田芳生が帰国次第、座敷牢に幽閉した上で、何様のつもりか尋問を行うべきだ。(No.3458-4)

|

« 股座膏薬が民主を離れない | トップページ | 約束は破り責任は転嫁する »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55968463

この記事へのトラックバック一覧です: 組織的動きができぬ民主党:

« 股座膏薬が民主を離れない | トップページ | 約束は破り責任は転嫁する »