« 前原を誰も止めずに不快感 | トップページ | 前原誠司の妄想が止まらない »

橋下のやり方朝鮮と変わらない

橋下氏、会見で説明要求…週刊朝日が「おわび」
 朝日新聞出版は「週刊朝日」10月26日号の橋下徹大阪市長に関する連載記事「ハシシタ 奴(やつ)の本性」第1回について、22日に一部地域で発売した11月2日号で、「同和地区を特定するなど極めて不適切な記述を複数掲載してしまいました。タイトルも適切ではありませんでした」などとして連載打ち切りを表明する「おわび」を掲載した。
 橋下氏は22日、大阪市内で記者団に、「次の記者会見に出てくるかどうかだ」と述べ、同誌編集部側に会見の場での説明を求めた。
 11月2日号は全国で23日から発売される。おわびは、河畠大四(かわばただいし)編集長名で、見開き2ページで掲載。10月26日号記事に対し、電話やメールなどで「差別を助長するのか」といった批判が相次いだとしたうえで、「差別を是認したり助長したりする意図はありませんでしたが、不適切な表現があり、ジャーナリズムにとって最も重視すべき人権に著しく配慮を欠くものになりました」と謝罪した。
 「社として、今回の企画立案や記事作成の経緯などについて、徹底的に検証を進めます」としたが、読売新聞の取材に対し、朝日新聞出版は「検証結果を公表するかどうかはコメントできない」としている。(以上(2012年10月23日07時22分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121022-OYT1T01387.htm

 橋下徹は、週刊朝日の「おわび」掲載に対して、同誌編集部側に会見の場での説明を求めたらしい。
 当初17日には、「社としての考え方をきちんと示してほしい」とほざいていただけで、ジャーナリズムとして週刊朝日は見開き2ページでおわび記事を掲載している。これで、週刊朝日としてはケリを付けたことになる。しかし今度は、橋下が週刊朝日側に会見の場での説明を求めるということに話を拡張した。まるで、韓国が日本の植民地支配に対しての謝罪を求める内容が雪だるま式に増えていくのと全く同じだ。橋下としては、何をやっても、維新の会の支持率が上向かないことに業を煮やして週刊朝日に八つ当たりしているのだろうが、このようなことをしても、逃げていった国民の期待は二度と戻らない。
 橋下は、大阪市長であり、国政云々にうつつを抜かしていないで、大阪市政に集中するべきだ。国政も市長も片手までできるほど甘い仕事ではあるまい。(No.3456-3)

|

« 前原を誰も止めずに不快感 | トップページ | 前原誠司の妄想が止まらない »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55952872

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下のやり方朝鮮と変わらない:

« 前原を誰も止めずに不快感 | トップページ | 前原誠司の妄想が止まらない »