« 嘘吐いてご破算にするマニフェスト | トップページ | 先送りすれば民主が勝てますか »

政治とカネで今回も辞めますか

問われる前原氏の「政治とカネ」 ずさん経理また浮上「京都事務所へ委託費」
 前原誠司国家戦略担当相の政治団体「まえはら誠司東京後援会」が事務所の実体がないにもかかわらず、事務所費などを計上していたことが28日、明らかになった。前原氏側は「大量の事務が発生した場合、業務を京都事務所に委託し、その費用を計上した」と説明するが、こうした使途を政治資金収支報告書から読み解くのは不可能だ。裏金づくりにつながりかねないと批判を浴びた事務所費問題。前原氏の「政治とカネ」をめぐる姿勢が問われそうだ。
 総務省によると、東京後援会は平成8年2月に「まえはら誠司友人たちの会」として発足。14年12月に現在の名称に変更し、所在地を東京都千代田区から江東区の秘書のマンションに移した。同月から19年4月までは、前原氏と親交がある京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が代表を務めた。
 登記簿謄本によると、部屋の権利者は前原氏の秘書で、昭和60年から所有している。前原氏の事務所は秘書宅に事務所を置いた理由として「東京に常駐事務所を構える余裕がないため」と説明。「秘書は自宅で常勤しているわけではないので、(収支報告書に)連絡先は京都事務所と記載している」とする。
 神戸学院大法科大学院の上脇博之教授(憲法学)は「東京後援会は、資金集めのためのペーパー団体にしか思えない。家賃などがかからない秘書宅を事務所としたのは、集めたカネを少しでも減らしたくないという意図を感じる」と話す。
 政治団体の経常経費をめぐっては、光熱費がかからない議員会館や事務所実体のない場所での支出が相次いだ。架空支出や資金の裏金化の疑念が生じ、「事務所費問題」として政界を揺るがした。
 平成19年に改正政治資金規正法が成立し、国会議員関係政治団体は21年分の収支報告書から、1万円超の経常経費については原則として領収書の添付と内訳を明記することが義務化された。ただ人件費は対象外で、領収書の閲覧や交付については総務省に請求する必要があるなど、外部からのチェックは働きにくい。
 前原氏は在日外国人から献金を受領したとして、昨年3月に外相を辞任。在日外国人が株の大半を保有する企業からの献金も発覚するなど政治資金に絡む問題が露見している。衆院議員の元秘書は「前原氏は党や政権の要職を歴任しておりルール順守の姿勢を率先して示すべきだ」と話した。(以上(MSN産経ニュース2012.10.29 08:13)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121029/trl12102908150002-n1.htm

 前回は、在日朝鮮半島出身者・焼き肉屋のおばちゃん献金で、外相を辞任した言うだけ番長・前原誠司だが、今回、実態のない事務所の経費を上げていたことが発覚した。
 言うだけ番長・前原誠司の唯一無二の褒められる点は、政治とカネの問題で潔く身を引いたことだけだ。身を引いても、ほとぼりが冷める前に民主党憲法調査会会長を引き受けたので、褒められる点は、潔く辞めた点だけだ。
 果たして、今回、言うだけ番長・前原誠司はどのような態度を取るのだろうか。(No.3462-4)

|

« 嘘吐いてご破算にするマニフェスト | トップページ | 先送りすれば民主が勝てますか »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55997835

この記事へのトラックバック一覧です: 政治とカネで今回も辞めますか:

« 嘘吐いてご破算にするマニフェスト | トップページ | 先送りすれば民主が勝てますか »