« ほとぼりが冷めて戻った売国奴 | トップページ | 時間を掛けて無駄の精査をする民主 »

変節に滋賀県知事も社民党

大飯稼働「認めるしかない」滋賀知事が軌道修正
 滋賀県の嘉田由紀子知事は16日の定例記者会見で、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の稼働について「現状では認めるしかない」と述べ、従来の慎重姿勢を大きく軌道修正した。
 橋下徹・大阪市長が稼働に否定的立場を取っていることについても「現実的とは思えない」と批判した。
 嘉田知事は大飯原発の再稼働後も「安全基準は暫定的で、一刻も早く再審査に臨んでほしい」などと主張していた。ある県幹部は「関電と原子力安全協定の締結に向けた協議を進めている今、再稼働の議論をしても仕方がないとの考えがあるようだ」と話した。(以上(2012年10月16日13時28分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121016-OYT1T00721.htm

 滋賀県の嘉田由紀子知事が、君子豹変して大飯原発の稼働について、「現状では認めるしかない」と態度を一転させた。
 まあ、嘉田由紀子は社民党の息の掛かった知事なので、この位の豹変など屁とも思っていないだろう。東海道新幹線の栗東駅も何も考えずに白紙に戻して、今になってどうのこうのとほざいている婆さんだ。
 それにしても、急な豹変は、カネでも掴まされたのであろうか。その位しか思い当たる節は無いのだが・・・・・・(No.3450-2)

|

« ほとぼりが冷めて戻った売国奴 | トップページ | 時間を掛けて無駄の精査をする民主 »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55909185

この記事へのトラックバック一覧です: 変節に滋賀県知事も社民党:

« ほとぼりが冷めて戻った売国奴 | トップページ | 時間を掛けて無駄の精査をする民主 »