« 一年で売れなくなっているデミオ | トップページ | 民主党鳩山をまた放し飼い »

息巻いてみても民主はこんなもの

政府が国際提訴先送り、竹島問題 韓国に「修復の兆し」 
 政府は26日、島根県・竹島に関する韓国との領有権問題に関し、国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を11月以降に先送りする方向で調整に入った。8月の李明博韓国大統領の竹島上陸を受け、当初は10月中の提訴を目指したが、その後、日韓外相会談が実現するなど「関係改善の兆し」(政府高官)が出てきたと判断し、軌道修正した。
 沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との溝が深まっているのを受け、韓国との対立をさらに先鋭化する「二正面作戦」(同)は得策でないとの計算も働いたとみられる。
 外務省幹部は「単独提訴する方針に変更はない。最も効果的なタイミングを狙う」としている。(以上(2012/10/26 20:12【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/news/2012/10/post_20121026201300.html

 野田豚政権は、竹島問題について国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を先送りする気になったらしい。
 これだけ、南朝鮮にバカにされながら日韓外相会談が実現したからと言って、アホの玄葉が話をして竹島が戻ってくる可能性など皆無だ。竹島と尖閣との二正面作戦は得策ではないとほざいているが、少なくとも尖閣問題は、民主無能政権が引き起こした人災だ。一つ一つ問題を解決するためにも、ICJ提訴は必須だ。これは、日本対韓国だけの問題ではない。北朝鮮も含んだ問題であり、これ以上朝鮮半島にバカにされることなど先送るすることはない。
 サッサと提訴して、解決すれば良いではないか。まさか、イオングループの守護神・岡田克也がほざくように、竹島も政権延命のためのネタなのだろうか。(No.3461-5)

|

« 一年で売れなくなっているデミオ | トップページ | 民主党鳩山をまた放し飼い »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55983739

この記事へのトラックバック一覧です: 息巻いてみても民主はこんなもの:

« 一年で売れなくなっているデミオ | トップページ | 民主党鳩山をまた放し飼い »