« 死に体が明日の話をする矛盾 | トップページ | 徳島に言われる筋の無い遅配 »

最適は栃木に最終処分場

民主・福田昭夫氏「処分場は福島原発が最適地」
 指定廃棄物の最終処分場の建設地について、民主党の福田昭夫衆院議員が「最適地は東京電力福島第一原子力発電所の敷地内しかない」などと発言し、栃木県の福田知事は29日の定例記者会見で「違和感がある」と述べ、不快感を示した。
 福田衆院議員は28日、国が候補地に選定した矢板市の反対団体メンバーを前に、「放射能汚染区域は拡大すべきでない」などとして、指定廃棄物の最終処分場を原発敷地内に設けるよう、処分場問題を抱える6県選出国会議員に働きかけていく考えを表明した。
 知事はこれについて、「理論上はわかるが、福島県外の指定廃棄物をすべて持ち込むというのは、原発周辺の住民に『古里をあきらめなさい』というメッセージを送ることになりかねない」と指摘し、「県内のものを県内で処分するのがごく自然だ」と述べた。
 知事によると、福田衆院議員の発言に対しては、29日朝に福島県の佐藤雄平知事から「(栃木県と)険悪な関係になる恐れがある」「(原発からの)電力消費地に放射性物質の廃棄物を戻せという議論に発展する」と忠告する電話があった。
 読売新聞の取材に対し、福田衆院議員は「佐藤知事の怒りは理解できるが、このままでは建設地はどこにも決まらない。感情論でなく冷静に考えないといけない」と答えた。一方、福田知事からこの経緯を知らされた民主党県連の松井正一幹事長は、取材に対し、「福田衆院議員の発言は個人的見解だ」としている。(以上(2012年10月30日10時34分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121030-OYT1T00290.htm

 栃木県選出の民主党議員・福田昭夫が、指定廃棄物の最終処分場は福島第一原発内に設けるべきだとほざいたらしい。
 何しろ都合の悪いことは他人に押しつけるのが、民主党の連綿として政治のやり方だ。栃木県は、中間保管場所に矢板市に白羽が立ったことにすら反対をしているのだ。このような時こそ、地元選出議員である福田昭夫が、中間保管場所だけでなく最終処分場も栃木県に誘致するように、有権者を説得するのが筋だろう。
 嫌なことを引き受けてこそ政治家の株が上がるというものだ。このままでは最終処分場が決まらないのは見えている。だからこそ、福田昭夫が先頭に立って栃木県に誘致するべきだ。(No.3464)

|

« 死に体が明日の話をする矛盾 | トップページ | 徳島に言われる筋の無い遅配 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56006367

この記事へのトラックバック一覧です: 最適は栃木に最終処分場:

« 死に体が明日の話をする矛盾 | トップページ | 徳島に言われる筋の無い遅配 »