« 放言を誰も咎めぬ民主党 | トップページ | 前原を誰も止めずに不快感 »

大臣のどこ探しても無い矜持

「入閣前に案内状」…小平大臣が資金パーティー
 小平忠正国家公安委員長・消費者相は21日夜、札幌市内のホテルで政治資金パーティーを開いた。
 約800人が参加し、来賓の中井洽衆院議員らが大臣就任を祝った。
 閣僚らの行動指針となる「大臣規範」は、大規模な政治資金パーティーの開催自粛を定めているが、小平氏の秘書は「入閣前に案内状を出しており、問題はない」と話した。
 また、小平氏は野田首相が重視する環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加についても言及し、「野田首相は推進論者だが、拙速に進めたら国が混乱する」と批判的な考えを示した。「これまで何度もTPPは間違っていると首相に訴えてきた。目前に控えた選挙という大きな試練にもマイナスだ」とも語った。(以上(2012年10月22日11時45分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121022-OYT1T00653.htm

 国家公安委員長兼消費者相の小平忠正が、大臣になったにもかかわらず「大臣規範」を破る大規模な政治資金パーティーを開き、こともあろうか秘書が、「問題ない」と釈明した。
 違反しても罰則がないのだから、小平忠正としては遣り得としか言いようがない。「李下で冠を正さず」という大臣としての心構えさえあれば、例え、大臣就任以前にセッティングをしていようとも、大臣になったからパーティーは開けないとカネを持って集まってくる人たちに頭を下げれば済んだことだ。このように、自分だけは別格という発想が民主党閣僚の中に蔓延している。一国の大臣を司ることのできる聖人君子などいないのだ。
 この一点においても、野田豚売国内閣が国民に信を問わなければならないことだ。(No.3456)

|

« 放言を誰も咎めぬ民主党 | トップページ | 前原を誰も止めずに不快感 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55949140

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣のどこ探しても無い矜持:

« 放言を誰も咎めぬ民主党 | トップページ | 前原を誰も止めずに不快感 »