« 学会が交通事故を助長する | トップページ | キャスティングボートを握るアンチ野田 »

韓国はノーベル賞に縁がなし

ノーベル文学賞に中国の莫言氏
 【ストックホルム=三井美奈】スウェーデン・アカデミーは11日、2012年のノーベル文学賞を中国の作家、莫言(モーイエン)氏(57)に授与すると発表した。
 中国国籍の作家が同賞を受賞するのは初めて。
 スウェーデン・アカデミーは「幻想的なリアリズムをもって、民話と歴史、現代をつむぎ合わせた」と評価した。賞金は800万スウェーデン・クローナ(約9500万円)。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。
 中国系では、フランスに亡命し、中国語とフランス語で執筆する作家の高行健氏が2000年に受賞している。他にアジアからは、インドの詩人のタゴール、日本人の川端康成、大江健三郎の各氏が選ばれている。
 山東省高密県生まれ。文化大革命で小学校を中退し、1976年に人民解放軍に入隊。85年に文壇デビューした。1920年代の山東省の極貧の農村に生きる人々を描いた「赤い高粱(こうりゃん)」は、チャン・イーモウ(張芸謀)監督の映画「紅いコーリャン」の原作となり、この映画は88年、ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞を受賞した。(以上(2012年10月11日22時46分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20121011-OYT1T01273.htm

 ノーベル文学賞に、日本の村上春樹氏を抑えて中国の莫言氏が受賞した。
 これで、東アジアで、ノーベル賞を受賞していないのは、朝鮮半島一帯となった。と言っても、韓国の金大中は、北朝鮮に沢山の貢ぎ物をしてノーベル平和賞を取っているが、独創性のある仕事で韓国がノーベル賞を取った分野は皆無だ。それどころか、韓国では、単に論文をねつ造しただけだが、iPS細胞の前段階までの研究では韓国が日本を凌駕していたとか、単にノーベル賞受賞者のところで博士課程を過ごしていただけで、ノーベル賞に大きく寄与したと国内では、大々的に報じている。これらを見ても分かる通り、韓国には、ノーベル賞に対するあこがれと妬みが渦を巻いている。
 地道に努力しても貰えるかどうか分からないノーベル賞だが、これまでに韓国が取れなかった理由ははっきりしている。独創性がないからだ。(No.3445-4)

|

« 学会が交通事故を助長する | トップページ | キャスティングボートを握るアンチ野田 »

川柳」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55872041

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国はノーベル賞に縁がなし:

« 学会が交通事故を助長する | トップページ | キャスティングボートを握るアンチ野田 »